10月のお知らせ
当選者の発表は11月3日(月)とさせて戴きます!!(10/31)

 皆様、お待ちかねの当選者発表ですが、事情により11月3日(月)中とさせていただきます。来週中に本人にご連絡の上、個体の発送は再来週の週末(11月15日頃)になります。どうかご了承下さい。11月のプレゼント・コーナーは遅くても11月3日迄にはアップしますので、どうか今暫くお待ち下さい。現在、下記のように「ドルビー様」でオークションが開催中ですが、より魅力的な「今週のお勧め・コーナー」を新しくスタートさせたいと思いますので、乞うご期待下さい!!

「オークション」へのお誘いです!!(10/31)

    http://www.dorbee.com

 今週末の11月1日(土)より約1週間、友人のドルビー様の「ドメイン取得」を祝してのオークションが開催される予定です。(上記のサイトを参照下さい。)私の手で育てた個体がメインです。今回は幼虫と小型ペアー(♂73mm以下)が中心ですが、小型個体とはいえ、形状はお気に入りの個体ばかりです。成虫は年明け早々にペアリング、産卵可能な個体群、そして幼虫は大型個体が期待出来る個体群ですので、奮ってご参加下さいネ。今回の「目玉(?)」は成虫では「福建省・光沢産」の個体(2ペアー)、これは手にした方が驚くような「極太美形系統」です。今後、人気が出ること間違いナシです。幼虫では「プラチナ超特大系統」「ゴールド美形系統」の初令幼虫3頭セットです。貴方好み(?)の個体に育て上げて下さいネ。勿論、他の個体も「一押し」個体ばかりですヨ。乞うご期待下さい!!

今週末からドルビー様でオークション開催予定です!!(10/26)
昨日、久しぶりに友人のドルビーさんと会ったのですが、ドメイン取得を祝して「オークション」開催のための個体をお渡ししました。成虫が12ペアー、幼虫が12セットです。何れも「お手頃」でお勧めの個体ばかりです。間もなく開催されると思います。皆さん、乞うご期待下さい!!
80mmオーバーを狙える最有力幼虫をお譲りします!!(10/14)
 一昨日のワイルドプライド様主催の展示即売会で感じた事柄なのですが、やはり愛好家の皆様の大きな夢の一つとして「80mmオーバーの個体、出来ればギネス個体を狙ってみたい!!」というお気持ちを「ヒシヒシ」と感じました。そこで、来年度、80mmオーバーの個体を羽化させるに際しまして、最も可能性の高い「3令幼虫ペア−」国産で2ペア−、中国ホペイでペア−、合計10ペア−を特別に皆様にお譲りすることにしました。少々、高価かもしれませんが、私が永年の経験を生かして厳選した「超特大血統」です。上記「特選コーナー」に追加しておきますので、ご希望の方は是非、お求め下さい。
本日の展示即売会へのご参加、有難うございました!!(10/12)
 本日はニジイロペットハウス様と初めて外部での「展示・即売会」に同席させていただきました。ご来場いただき、声をかけていただいた愛好家の皆様、本当に有難うございました。今回は、標本中心だったこともあり、また少し「生き虫」としては季節外れだったこともあり、「熱気ムンムン(?!)」という感じではありませんでしたが、楽しいお話をさせていただきました。普段は余り他のブースを見に行くことは無いのですが、友人と総勢5名で臨みましたので(ニジイロ様も合わせると総勢7名)チョット席を離れて、ゆっくりと(?)標本を中心に見て回りました。甲虫もいいですが、やはり「蝶」は綺麗ですネ。生き虫もいいですが、標本として半永久的に保存されている姿も非常に魅力的でした。一通り見て回った私が手にして帰ったものは。「ニジイロクワガタ」のペア−でした。ついつい、その美しさに目を奪われて買ってしまいました。これで自分で手にしたニジイロクワガタは3ペア−目です。1ペア−目は約1年前にニジイロペットハウス様の展示個体を分けていただき、その後、「★」になると非常に寂しくなってドルビーさん経由で1ペア−購入し、今日は見て回った時に「裏向け」になっていた姿が余りに綺麗で、衝動的に購入した次第です。このような「ムシ」でしたら、いくらでも欲しいですネ。思わず「何とか採集に(見るだけでいいですから)行きたいのですが、紹介してもらえませんか?」と店の方に懇願していました。年内のシーズン中に、またまた、ケアンズに行って来る予定です。今度こそ、自然の中での生きた姿を(?)見て来るつもりです。(勿論、正規の手続きを踏んで行ってきます。)採集記(?!)を乞うご期待下さい。

プレゼントコーナー、今週のお勧めコーナーが更新です!!(10/6)

 今回は絶対にお勧めの2つのコーナーです。プレゼントも、お勧めも10月12日(日)に向けて「お祭りモード」に突入です。ご希望の方は、お早めにどうぞ。

当選者発表です!!(10/5)

発表が大変遅くなってしまいましたが、今回のプレゼント・コーナーの当選者は以下の3名の方々です。おめでとうございます。なお、今回も「特別賞」を設けました。各々の方々には今週末までにメールにてご連絡をさせていただいた上で、来週末までに発送させていただきます。なお、今回も残念ながら当選されなかった大多数の皆様、ご応募、誠に有り難うございました。心より感謝申し上げます。明日(深夜?)より新たにプレゼント・コーナーをスタートしますので、今後とも宜しくお願いいたします。

 ホペイ幼虫ペア−  高知県高知市   小松 博幸  様

 ホペイ成虫ペア−  鳥取県倉吉市   赤星 剛  様

 特別賞 ホペイ幼虫2頭(当方指定)  兵庫県宝塚市   那須 哲也  様

10月12日(日)に大阪でのイベントに参加します!!(9/23 )
 今年の夏のシーズンには残念ながら大阪で「KUWATAフェスタ」が開催されなかったのですが、10月12日(日)に「標本/生き虫」合同のイベントが大阪・本町の「小原流ホール」で開催されることになりました。今回は、関西地区における唯一の森田飼育個体・正式窓口である「ニジイロペットハウス」様のコーナーにて「個体展示」をするため参加する予定です。今年は、名古屋、横浜と参加しましたが、大阪でのイベントは初めてで、また「ニジイロペットハウス」様と一緒にイベントに参加するのも初めてです。「82mmオーバーのゴールド」をはじめ、ホペイを中心に「超美形個体」を多数、持参する予定です。また、成虫、幼虫の余剰個体も「お祭り価格(?)」で登場するかもしれません。愛好家の皆さんとお目にかかって、お話出来る機会を、心から楽しみにしています。「目玉○○」に関しましては、ニジイロ様のホームページ上、または本ホームページ上で近々、公開しますので、乞うご期待下さい。なお、先の話になりますが11月30日にはサイエンスファクトリー様主催の即売会にニジイロ様と一緒に参加する予定です。こちらはチャリティー・コーナー(「足長基金」)に参加する予定です。是非、皆様、お誘い合わせの上、ご来場下さい。
10月12日開催のイベントにゴールド出品します!!(10/3)
 今年は、超大型ゴールド血統で82mmオーバーが羽化したため、もう一方の「美形血統」が霞んでしまいましたが、私的にはこちらの血統の方が好きです。昨年秋のペアリング、産卵の失敗(?)により、今年の在庫は非常に苦しい状況ですが、皆様のご要望により10月12日(日)に大阪・本町で開催のイベントには「超大型血統」と並んで「超美形血統」の成虫、幼虫も僅かながら出品する予定です。ニジイロ様の掲示板を覗くと、既に本系統に関しましては問い合わせが数件あるようですので、ひょっとしたら「競争率」が高いかもしれません。でも、成虫約5ペア−、幼虫初・2令約12頭を持参する予定です。「D・ゴールド」血統も「超巨大幼虫」の兄弟のみならず、先日から82mmとペアリングした♀が産卵木をかじり始めました。♀は昨年から満を持して待機していた「成熟51mm」の♀です。非常に楽しみです。ひょっとしたら、実子が近々、得られるかもしれません。12日に間に合えば、持参する予定です。ホペイに関しましては、名古屋、横浜に持参した個体に加えて、新たに羽化した「超美形個体」を展示個体として持参する予定です。勿論、余剰個体として「S、Aクラス」の個体も持参する予定ですので、お求めの方は是非、覗いて下さいネ。今回は「ニジイロペットハウス」様のコーナーで参加しています。開催場所等の詳細につきましては、前日の10月11日(土)までにはホームページ上でお知らせしますので、お見逃しなく。今回は(も?)、きっと満足してもらえると思います。乞うご期待下さい!!
オークションで非公式にゴールド幼虫が販売されています?!(10/1)

 「ゴールド」「プラチナ」等の正式な窓口は関東のテクニカルアート様と関西のニジイロペットハウス様の二つしかありませんが、とうとう「Dゴールド」の幼虫がビッダ−ズオークションで一般個人の方から販売されているのを見かけました。事情があるとはいえ、非常に残念なことです。説明では初令で購入と記されていましたが、写真掲載された入れ替えの「菌糸ビン」は♂が1400ccの「○太郎」、♀は850ccの「○-pot」でした。嫌味でしょうか?仮に幼虫が本物だとしても、初令が入っていた菌糸ビンはテクニカルアート製またはニジイロペットハウス製の菌糸ビンです。皆様、購入される場合は「何が大切か?」を常に考えて下さいネ。私は事情如何を問わず、森田の名前(の一部)を出してオークション等で販売される事は一切、認めておりませんので、悪しからずご了承下さい。「証明カード」につきましては、個人の楽しみの一環であり、決して他人に(子孫も含めて)譲渡する場合の証明書ではありませんので、この点、どうかご了承下さい。余り触れたく無い話題ですが、深刻な事態も考えられますので、一応、皆様にお伝えしておきます。なお、写真では「証明カード」のシリアルNoが(この部分のみ)伏せられていましたが、これが分かれば本人が特定できます。