オオクワガタの部屋へようこそ
<< 2019年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>
2007年 1月 12日 (金)

不二家のシュークリーム


昨日のニュースでペコチャンで有名な不二家のシュークリームについて

賞味期限切れの原材料の使用を知りました。

「やっぱり!!!」

実は時を遡る事約24年前、初めて女房が実家に遊びに来て泊まった日に、

夕食後、デザートに不二家のシュークリームを食べて

一晩中、吐き通した記憶が蘇ってきました。

あんなに苦しかった事はありません。

少しでも横になると、吐いてしまいます。

ですから、正座してうつ伏せになって、朝まで一睡もせず過ごしました。

一部始終を横で見ていた女房曰く「地獄のようやね!!」

そう言いながらも、いつの間にか女房は横で熟睡していました。

「ウソー...???」

今の時代でこの有様ですので、当時は何を食わされていたことか...。

遥か昔の話ですが、今になって怒りの気持ちがこみ上げて来ました。

当時、よっぽど販売店に文句を言おうかと思っていました。

大学のクラスメートが勤めていますので、これ以上のコメントは避けます。

食品会社にとって菌の検出は、大問題です。

安全第一。消費者は神様です。

口では消費者最優先の綺麗事が経営者の口から出てきますが、

所詮、バレなければ悪くはない。

これが、世間の常識です。

食品メーカーも例外ではありません。

成果主義。

そう、実は減点主義。

食品工場で菌が発生して1ロット製品が出荷出来ないような状況になれば

工場長をはじめ、管理職の左遷、降格は間違いないです。

事が大きくなればなるほど、上司の首が飛びます。

だから隠す。

何かオカシイですネ。

現場の意識改革も必要だと思いますが、

やはり、トップの倫理観、人格が問われます。

「あなたは、そのシュークリームを大切な家族と一緒に食べられますか?」

何が大切か...?

シュークリームを他に置き換えれば答えは自ずと出てくると思うのですが。

でも、これが今の世相かな?


<< >>









RSS

Ringworld
RingBlog v3.20b