オオクワガタの部屋へようこそ
<< 2019年3月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>
2007年 1月 15日 (月)

オリックスの中村選手について


私が軽々しくコメントを述べるような内容ではないのですが、

私はオリックスという球団(会社?)も中村選手も

これまで、何故か生理的に好きになれませんでした。

今回の一件は、それを象徴するような出来事だったような気がします。

両方共に、好き勝手やっていますネ。

勿論、オリックスの方が狡猾さにおいて数枚上手ですが...。

私は近鉄という球団は好きでした。

阪急も同様です。

中学、高校、大学と近鉄電車にはお世話になりました。

サントリー時代は、阪急電車のお世話になりました。

特に近鉄は、中・高時代の同級生で非常に優秀なK君のお父上が

当時、球団も含めて社長だったような気がします。

その近鉄が、K君のお父上の時代に球団を手放す時は本当に残念でした。

そして、阪急も同様です。(サントリーと阪急は非常に関係が深いです。)

時代の流れかな?

寂しい思いをしたのは私だけではなかったような気がします。

元阪神I選手の入団会見の席での英語での名スピーチで代表されるように、

プロ野球の選手は、所詮、良い意味で野球○○なのですから、

代理人でも立てないと、オリックスのような体質の球団には

契約更改の場で、絶対に勝てる訳がありません。

その代理人が、○能だとしたら...。

色んな意味で、今回の一件は勉強になりました。

私は、ある時から弁護士という職業が最も○いな職業になりましたが、

この職業が必要な今の、いや人間の世の中に嫌気がさしているのかな?

本当に賢い人達は、弁護士先生も税理士先生も

割り切って、本当にお上手にお使いなされていますが。


<< >>









RSS

Ringworld
RingBlog v3.20b