オオクワガタの部屋へようこそ
<< 2019年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>
2007年 5月 16日 (水)

美しい自然に包まれて


5月もいよいよ半ばを迎えました。

個人的には、今が1年の中で一番良い季節のように思います。

一年中、こんな季節だったらいいのにナー。

昼間、並木道を歩いていると、木々の緑と青空と陽光のコントラストが

何とも言えずに魅力的で、本当に美しいです。

そして、夕方6時半を過ぎてからの西の空。

ここ大阪では、現在、日没はおよそ6時50分位なのですが、

夕陽を見ていると「生きていて良かったなあ」としみじみ思います。

そして、日没からの数十分の間の雲模様と空の色の七変化。

これも、見るヒトそれぞれに感動を与えてくれます。

1000年近くも前に、清少納言が見た自然と、変わりないモノでしょう。

先の週末は、土曜の夜から日曜の朝にかけて、

余りに夜風が心地良く、久しぶりに(?)徹夜で散歩してしまいました。

朝帰り(?!)で、女房に睨まれたのは当然ですが、

夜空の星と、朝方、徐々に夜が明けていく様子は、例えようもありません。

中々、日常生活の中では誰もが経験できる事ではないかもしれませんが、

身近にも、自然の美しさ、魅力がいたる所にあることを感じました。

どこかの首相が「美しい国づくり」を目指すと公言されていたようですが、

今の日本も、チョット周囲を見渡せばスグ側の美しい自然に気付きます。

諸行無常。

確かに懐かしい昔の自然が、どんどん消えてなくなり、

どんなに戻って欲しいと願ってみても、二度と戻ってきてくれません。

でも、失った自然を嘆き悲しむより、

今ある美しい自然を、これから大切に大切にしていきたいと思います。


<< >>









RSS

Ringworld
RingBlog v3.20b