オオクワガタの部屋へようこそ
<< 2019年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>
2007年 7月 14日 (土)

今年のNo.1、No.2個体について


1184344562.jpg
約1年間、待ちに待った「KUWATA」フェスティバルin横浜でしたが

諸々の事情により、例年通りのブースでの参加は断念して、

一般参加で参加するように切り替えました。

そこで、気になるのが、当日、公開割り出ししようと思っていた、

今年の幼虫体重のNo.1個体とNo.2個体の羽化サイズです。

非常に迷いましたが、本日、耐え切れずに割り出しを決行しました。

結果は、No.1個体は今まで見たことがない程のゴツイ個体でしたが、

残念ながら「お尻」が閉まり切れずに、羽化不全のレッテルを貼られ、

サイズも84.3mmには遠く及びませんでした。

No.2個体は綺麗に羽化していたのですが、No.1個体に比べて2廻り近くも

サイズが小さく感じましたが、サイズ的には上羽までの長さの差は、

僅か0.1mmの違いしかありませんでした。

No.3個体のサイズが、「BE−KUWA」最新号(24号)で記したように

約82.0mmでしたので、これよりは遥かに大きいものの、

やはり84mmの壁は大きかったです。

正確なサイズは、第三者に計測していただいた上で、来週末までには

正式に公表する予定です。

乞うご期待下さい!!

本年度は、いつにないくらい、本気で熱くなってギネスの84.3mmを

本気で抜こうと真剣に取り組んだのですが、

やはり、まだまだ未熟でした。

これで、先のブログに書いたように、当面は引退宣言の「撤回」です。

お恥ずかしい限りです。

しかし、本年度の延長線上に、確実に85mmの壁は破れます。

千葉県在住の高田様が、私にそう確信させていただきました。

一度は引退を覚悟した私の気持ちを奮い立たせてくれた高田様に、

心から感謝申し上げる次第です。

皆さん、私と高田氏が来年に向けて如何に真剣に取り組んでいるか、

きっと、お分かりにならないでしょう。

それでいいのです。

ある日突然、ヒトは黙るの...。

きっと、来年度は信じられない結果が待っていると思います。

それでは、皆さん、御機嫌よう。


<< >>









RSS

Ringworld
RingBlog v3.20b