オオクワガタの部屋へようこそ
<< 2019年3月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>
2008年 1月 3日 (木)

箱根駅伝(「たすき」をつなぐ意味とは?)


皆さんは、お正月三が日の楽しみは何でしょうか?

私は、ここ数年、箱根駅伝を見るのが恒例の(?)楽しみになりました。

私自身は瞬発力には自信があっても、持久力も辛抱も無く、

長距離は大の苦手です。

私の親父は学生時代、一万メートルの選手で、

京大・陸上部の監督もつとめていましたが、

私には、その素質が全く遺伝しませんでした。

さて、このような私がサッカー、ラグビー、アメフトを差し置いて、

何故、この歳になって駅伝に興味を持ったか?

勿論、親しい友人の影響もあったのですが、

この箱根駅伝には、本当に人生の縮図のようなドラマがあるからです。

わざわざ説明するまでもないのですが、知らない方に少し解説すると、

まずは関東方面の大学対抗駅伝で、参加校は合計20校。

上位10校が翌年のシード校で、残りは予選からの勝ち上がりです。

勿論、各校共に往路、総合(往復のタイム)の優勝を狙うわけですが、

最低でも上位10校に入って、翌年のシードを狙います。

都心から箱根までの片道約108kmを往復、各々5人の走者が走ります。

一人当たり約20km。1時間チョット。総勢各チーム10名での競争。

行きは箱根まで当然ながら登りで、帰りは降り。

平坦な道でのトラック競技とは異なります。

そして、どのようなアクシデントが起ころうとも、

一人でも各区間を完走しなければ、それでその大学は失格。

つまり一人のスーパースターがいても、勝つことは絶対に出来ません。

というより、一人でも体調を崩した人間がいると記録なしの可能性もアリ。

そして、更に無情なのが、箱根にトップでゴールした時刻から

10分以内にゴールしないと、「タスキがつなげない!!」

つまり、翌日の復路では、前日の往路でのタイムに従って

順にスタートしていくのですが、

トップから10分以内にゴールしないとハンディをもらえないどころか、

翌日、強制的に同時スタートさせられます。

私の言葉足らずで上手く説明が出来ず、申し訳ありません。

とにかく、勝てば官軍(?!)ですが、

これだけ肉体的・精神的に過酷な学生スポーツがあるでしょうか?

毎年、体調不良で次に「タスキをつなげなかった」選手が出てきます。

タイムの遅れから「タスキをつなげなかった」チームも出てきます。

特に体調不良により棄権をせざるを得なかった選手の気持ちを考えると、

この選手が今後、どのようにチームメイトと接し、

また、どのような心の傷を背負って人生を生きていくのか?

優勝したチームの陰で、どれだけ傷付く人間がいるのか?

スポーツは本当に素晴らしい世界ですが、

このような陰の側面を持つ世界があることを、私は初めて知りました。

そして、今年も大きな波乱が幾つも待ち受けていました。

昨年、優勝した順天堂大学でしたが、まさかの第一走者の失速。

そして、箱根の山登りの5区では、残りあと500mでまさかの棄権。

翌日、復路で準備していたチームメイトは、出番はあっても記録なし。

そして、今日の復路でも2校が棄権しました。

昨日、好位置に付けた優勝候補の一つの東海大でしたが、

いくらヒーローが一人いても、往路で好タイムを出しても、

復路で一人、体調を崩して棄権すれば記録が無くなるのです。

いくら普段から努力し、訓練を積んで体調を整えても、

20kmという距離は10名全員が完走するには過酷な距離なのでしょう。

来年、出直しのチーム。

そして、連覇を狙うチーム。

悲喜こもごも、思いは既に来年に飛んでいますが、

来年の正月、私は1月2日、3日はまた、箱根駅伝を見たいと思います。


<< >>









RSS

Ringworld
RingBlog v3.20b