オオクワガタの部屋へようこそ
<< 2019年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>
2008年 1月 4日 (金)

のだめ 


昨年の12月まで、私はこのドラマの存在を全く知りませんでした。

推薦入試の合格が決まった直後に、長女が借りてきたDVDのタイトルは

「のだめ カンタービレ」。

長い間、見たくて見たくて仕方なく、

受験のために見るのを我慢していたDVDだったそうですが、

私には、「どうして、こんなDVDが見たかったの?」と思っていました。

ところが、ところが、

深夜にコッソリ見ていると、これがまた面白い面白い!!

次元の低い(?)場面から、クラッシックの非常に格調の高いシーンまで、

実に丁寧に作られた素晴らしい作品でした。

1週間後には、私が自分でDVDを借りに行っていました。

これまでは、余りクラッシック音楽は聴かなかったのですが、

この番組中での演奏を通じて、クラッシック音楽に改めて接し、

そして魅了されました。

勿論、のだめちゃんのファンになりましたが。

実際に放映されていたのは、もう1年チョット前のことらしいですが、

その続編が、あと1時間足らずで放映されます。

今日と明日の二夜連続です。

最近、こんなに楽しみにしていたドラマはありません。

これに先立ち、年末に集中して3日で12回分を再放送していましたが、

女房のお母さんが、ずーと見ていたそうです。

私以外にも意外な所に同じ「のだめ菌(?)」に犯されたヒトがいました。

皆さん、時間が許せば是非、今夜と明晩、

「のだめ」を見て下さい。

きっと、「のだめ」とクラッシック音楽の虜になる事間違いなしですヨ!!


<< >>









RSS

Ringworld
RingBlog v3.20b