<< 2019年4月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
  >>
2008年 1月 16日 (水)

受験とは?


「餅は餅屋。」

的を得た言葉です。

大学受験にも、高校受験、中学受験(小学校・幼稚園受験?!)にも、

勿論、それぞれのプロの世界が存在し、

そのようなプロ集団から有益な情報を得て、正しく努力をすれば、

受験などは、そんなに高いハードルではないのかもしれません。

例えば、大学受験においては、駿台予備校、Z会。

王道です。

医学部に特化すれば、「てつりょく」は知る人ぞ知る王道です。

大阪に限定すれば中学受験は息子も通う能開センター、希(のぞみ)、浜。

高校受験は、次女が通う第一ゼミナール、そして能開センター等。

大学受験は、駿台、そして長女が今年まで3年間通った河合塾等。

それぞれ、入試問題を徹底的に分析し、良問を選りすぐった教材を、

優秀な講師陣が徹底的に生徒に叩き込む。

これに合う生徒は、多少の個人差はあっても、

学習する習慣を身に付けさえすれば、志望校合格は手中に収めたも同然。

しかし、このような言わばベルトコンベアーに乗せられた、

同じ思考回路を持った生徒が量産(?!)されるのは本当は恐い事です。

特に将来、人の「命」の現場に立つ医学部を志す人は。

しかし、きっと、そのような生徒達も「命の現場」で苦労を重ねる事により

人として、また良き医師・看護師として、成長してゆくことでしょう。

ただ、皆が皆、このようなベルトコンベアーに乗る事に適応していません。

このような生徒達も、医学部に入るまでにイタズラに苦労する事は無い。

そのような苦労をするくらいなら、

医学部に入って、立派な医師になる過程で、もっと苦労した方が良い。

そう思って、私は今回の講座を開始する事を決心しました。

勿論、客観的にベストの方法だとは思っていません。

ただ、誰もが入りやすい方法だと思っています。

一人でも多くの方が、この講座によって何かを学び取って、

自分の目標に一歩でも近づいてくれる事を心から願っています。

勿論、医学部志望以外の方々も。


>>









RSS

Ringworld
RingBlog v3.20b