2227923
オオクワガタに魅せられて
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

9228 投稿者:プロのウブロ 時計 投稿日:2020/07/08(Wed) 21:12 No.13215   
初めての利用(しかも質屋さん)でしたが、とても信頼のできるショップさんだと思います。
梱包がとても丁寧(他の方もおっしゃっていましたが、緩衝材を留めてあるテープの端を折り返して開封しやすくしてある点)、一筆箋の手書きメッセージの同封など、細やかな心配りが感じられます。本物証明書も同封され、安心しました。
また利用したいと思います。ありがとうございました。

新成虫羽化報告です。 投稿者:群馬44 投稿日:2020/05/06(Wed) 23:11 No.13214   
ケンケン様、オオクワガタ愛好家の先輩方、こんばんは!

何とかカッコよく撮影できましたので貼らせて頂きますm(__)m
最終体重33gからの80oUP個体になります。
顎ズレが残念ですが…

Max44個体は未だに蛹ですが無事に羽化できたあかつきには投稿させてください!

それでは!

こんにちは 投稿者:群馬44 投稿日:2020/05/06(Wed) 10:51 No.13211   
ケンケン様、オオクワガタ愛好家の先輩方、こんにちは。

2019年度ブリードの結果が出てきはじめたのでご報告させて頂きたく思います。

2017年度にケンケン様より3令ペアを購入させて頂き羽化させた78o♂と54o〜55o♀2頭から初めて産卵⇒幼虫飼育⇒羽化までの経過を自らの手で実践させて頂きました。

1本目のMGからキノコが発生しまくり幸先の不安な幼虫飼育スタートで、案の定?2本目の交換時に28g筆頭に20以下の個体ばかりで落胆していましたが…何とその個体たちは2本目で劇的な成長を遂げ、17g〜20g台の数等が30g〜36gへ成長を遂げていました!中には♀と思い込み800tに投入した個体も居ましてゴールド系統の底力とMG(エノキ)の威力を体感させて頂きました。

3本目交換時に体重は44g×1、38g×3、37×2、36×2、34×1、33×3とこれだけの30gUPを育て上げることができました!

残念ながらこの中の数等が既に蛹化不全や羽化不全になってしまいましたが…

今年2月末に第1頭目の♂が77oほどで羽化してきました。

以降4月には顎ズレですがMax33g個体が2度目の80oオーバーで羽化してきてくれました!今回この個体の画像を投稿しようと思ったのですが中々ジッとしてくれずベストショットが撮影できたら是非見て頂きたいと思います。

そして昨日自己ベスト更新?するMax37g個体も羽化してきて今朝、完品羽化を確認できました!本来なら熟成するまで掘り出しは我慢するところなのですが前胸部の不全を経験してからどうしても気になってしまい…こちらも完全に固まりましたら是非ご欄頂きたいと思います。

その時はどうか厳しい?評価をお願いします。

ゴールド以前の飼育記録が幼虫で♂34g♀15g成虫♂78o♀50oです。

ゴールドではその記録を軽く超えてしかも何頭も出てきました!

ケンケン様がオークションで「飼育した方のほとんど全員が自己ベストを更新する」というのを自分のような駆け出しの初心者でも体現させて頂ける素晴らしい血統だと思いました!

今季も一昨年ケンケン様から購入させて頂いた♂80oと♀56oペアを現在産卵セットへ投入中です!

偶然と必然!!!H 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/04/19(Sun) 15:08 No.13133   

前回、川西市西多田の親戚の家付近において、ゴールデンウイーク中に初めて秘密の(?)台場クヌギの林を見つけて以来、毎週末、私はこのポイントに通いました。

当時は、住宅地の中の道の脇にも台場クヌギが散見され、6月を待たずして、コクワ以外に道端の木で、既にヒラタを採集していました。

ヒラタを採集したのも何年ぶりでしょうか?

そして、いよいよオオクワガタ採集の最盛期、6月のシーズン突入です。

ゴールデンウイークに散策して見つけた、山の尾根付近の台場クヌギのポイントに登るまでには、まず第一段目の丘の上まで藪漕ぎして登ることが必要なのですが、そこには樹液が滴る穴だらけの台場クヌギが乱立していました。

そして、そこから、もう一段上に登ると尾根に辿り着けるのですが、尾根に登ると、けもの道に沿って一定の間隔で台場クヌギが並んでいました。

この尾根に並んだ台場クヌギの1本が私にとって、その後、御神木となるのですが、この木は昼間からでもクワガタを見つけると樹皮下も含めて全てオオクワガタ!!!という、今から思うと真にオオクワガタ・パラダイスと言うに相応しい御神木でした。

この御神木については、また、改めてお話しさせていただきますネ。

さて、この山全体がオオクワガタの宝庫だったのですが、尾根まで登らなくても、第一段目の丘に並ぶ台場クヌギの林においても、また、下界?の住宅地のすぐ傍の池のほとりにおいても、オオクワガタが採り放題でした。

その話も後の楽しみとさせていただきますネ。

さて、6月に入って、まず池のほとりで見つけたのはミヤマクワガタでした。

このポイントにおいては、その後も、オオクワガタの発生以前に、まずミヤマの発生があり、次いでオオクワガタ、そしてほぼ同時にノコギリクワガタが発生していました。

私は、木を蹴って採ること以外で、目の高さより低い場所で、正確には池のほとりで、ミヤマを見たのは初めての経験でした。

そして、いよいよ6月半ばに入り、昼間に下見をして、最初の丘の上までの藪漕ぎをしたのですが、女房と一緒だということもあり、夜に備えて少しでも藪漕ぎを回避(?)できるような道を見つけながら、女房と二人、入念に台場を観察して、樹液の出方、穴の位置をチェックしてから、夜の採集へと出掛けました。

今から考えると、暗闇に弱い女房が、良く私について来てくれたと、今更ながらに思ってしまいます...。

そして、この後、奇跡が起こりました。

昼間に下見をした台場を1本1本、見て回っていると、女房が突然、「何かいる!!!あれ!!!」と声を上げました。

私が咄嗟にライトを向けると、そこには大きすぎて穴に入ることができずに大慌てしている巨大な黒い物体が見えました。

私は無我夢中で網を伸ばして上から押さえて、徐々に下まで引きずり下ろしました。

そこにいたのは、夢にまで見た巨大な!!!オオクワガタでした。

「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

見ただけで、とんでもないサイズだと分かりましたが、親戚の家に辿り着いてノギスではなく定規で測ると、軽く70mmを超えていました。

川西での初ゲット。

いきなり、それが夢の70mmオーバーの個体でした。

この時点では、70mmオーバーの採集がいかに困難かが分からない状況で、ビギナーズラックに、ただただ酔いしれていました。

私は夢心地だったので、どうやって親戚のお宅に辿り着いたか分からないのですが、その後、二度と女房は私の採集には同行してくれませんでした...。(当然ですよネ…。)

よほど、道の無い!夜道が怖かったのだと思います。

そして、味をしめた私は早くも次の週末、どうしても尾根付近の採集がしたくて、親戚のお姉さんと、お姉さんのお姉さんの3人で昼間の採集の約束を取り付けて、放心状態で?帰路につきました。

その日の私は、既に70mmオーバーの採集の歓喜で十二分に満たされていましたが、まさか次の採集で、オオクワガタのパラダイスを見ることができるとは、夢にも思いませんでした。

つづく



成虫掘り出し!!A 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/04/15(Wed) 20:44 No.13106   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

本日、成虫にエサをやっていると、1400の菌糸ビンが目に入り、少し観察していると2頭、羽化しているのが外から伺えまして。

もう少し待とう、とは思ったのですが、ちょうど、最終幼虫体重が25gと30gでしたので、本年度の成虫サイズを占う意味でも取り出したい衝動に駆られてしまい、今、掘り出してしまいました。

先日は、25gの幼虫から想定外の!!!84mmが羽化していましたが、今回の個体は約77mmのカッコイイ個体でした。

そして、いよいよ大台の30gの個体の割り出し(?)です。

蛹室を壊さないように少しづつ菌糸を崩して、やっと大アゴの全貌が見えると...。

何やらゴールド系統としては特大サイズの予感です。

ノギスを大まかに当てると、およそ83mmでした。

やはり、このサイズが羽化すると嬉しいですネ。

重さも、風貌も、迫力満点です!!!

今年は(今年も?)大型サイズの幼虫を少なからず愛好家の皆様にお譲りし、また、累代飼育で大型幼虫のご報告も伺っていますが、期待してくださいネ。

私も期待しています!!!

皆様のお宅で、85mmオーバーの個体が無事に羽化するのを、心から願っています。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -