2031315
オオクワガタに魅せられて
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

Gゴールド85・秘蔵個体のこども 投稿者:ヤー坊 投稿日:2017/03/20(Mon) 12:42 No.12347   

ケンケン様、ユウショウ様、オオクワ愛好家の皆様、こんにちは。
ユウショウ様、初めまして。こちらこそ、よろしくお願い致します。

私が「ツワモノ」だなんて、滅相もありません。3年半余りの飼育経験しかないペーペーです。

「Gゴールド85・秘蔵個体の子ども」の写真の件ですが「返信」として書き込みをしていて、掲示板にアップする方法がわかりませんでした。結局、「返信」として書き込むと写真を添付できないことがわかりました。

また、PCに疎い私は、写真を圧縮する術を知りませんでした。なので、調べたのですが、よくわかりませんでした。そこで、高い?授業料を払って、娘に教わりました。

でも、写真をアップすると、ケンケン様が立てた「今週のオークション!!!」が下がってしまうので、オークションが終了するのを待っていました。

そんなこんなで、ご挨拶と写真のアップが遅くなってしまって申し訳ありませんでした。

写真は、過去の物を見ると、1枚ずつしかアップできないのではないかと思われますので、まずケンケン様に譲っていただいた「Gゴールド85・秘蔵個体の子ども」をアップします。

左は、我が家で羽化したほぼ同じくらいの大きさの「Gゴールド85系統(昨年の種親)」です。ちょっとした角度によって、全く違って見えてしまうので、肉眼で見える魅力を伝えきれないのが残念です。

なお、「Gゴールド85・秘蔵個体」について調べていたら、「茶団子源氏」様が動画をアップされていました。
最後の方で我らがケンケン様も登場され、最新映像が見られますので、よろしければご覧ください。

これがアップできたら、昨年夏に羽化した「プラチナC73」の写真をアップしてみます。

「プラチナ」については、ケンケン様はもちろんのこと、ここぞという時に登場される「ごまお様」、そして兄貴とおっしゃっている「chako_ete 様」が一家言をお持ちです。
「NO.7939〜7945」の投稿をご覧ください。
  
私は、「プラチナC73」と書いていますが、過去の掲示板も覗いてみても、「プラチナC73」と「プラチナ73」と「ホペイC73」の違いがわかりません。
どなたか教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

写真をアップできないので、取り敢えず本文のみで失礼します。

満員御礼!!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2017/03/20(Mon) 09:16 No.12345   

オオクワガタ愛好家の皆様、おはようございます。

「もうスグ春ですネ−、○○をしてみませんか???」

私の青春時代の1ページ、キャンディーズの1フレーズです。

陽光に映える自然を見ていると、確実に春の足音が聞こえてきます。(梅に続き、モクレンの花が咲き揃ってきました。)

朝晩は、まだまだ肌寒いですが、ネットで桜前線を見てみると、今年はチョット遅く(?)関西も東京も3月31日となっていました。

見頃は4月上旬でしょうか?

今年は、例年にも増して(というより過去最悪の?)厳しい冬の時期を過ごしましたので、ホント春が待ち遠しいです。

この歳になると、今まで見えなかった事が色々と見えてくるものです。

皆さんの過去の辛い経験に比べると、私の辛い経験など、所詮、贅沢な悩みですので、気持ちを切り替えて前を向いて(上を向いて?)歩こうと心底、思えました。

世の中、自分の価値観と異なる人種がいるとは思っていましたが、今回の一件で、本当に良識、常識のかけらもない、連中がいる事が改めてわかりました。

加害者本人、加害者の家族、そしてソ○ー損保。

○○さんの仰るように「私どもは法律に則ってやっております。ご説明した以上の賠償責任はございません。」

更に輪をかけて「それで納得できないようでしたら、どうぞ裁判でも何でも起こして下さい。こちらには弁護士という、(ヤ○ザよりタチノ悪い)顧問弁護士が多数、控えていますから、現在の(!?)法律では絶対に負けませんヨ!!!」

という風に、自分たちが加害者であるにもかかわらず、強気に被害者にケンカを売ってくるソ○ー損保のような輩が存在するのです。

まさに「人道的観点を抜きにした法律解釈は、ケダモノにも劣り、正に暴力そのものです」。

君子危うきに近寄らず。

このような人種は、避けて通りたいですネ。

○○曰く「私が駐車場のオーナーなら、ソ○ー損保に加入している車は絶対に駐車場を貸さないヨ。でも、私は駐車場のオーナー違うから、残念!!!」そんな感じでしょうか?

今、マスコミ・国会を賑わしている大阪の某学園。

きっと、現政権は、このような予期せぬ事柄で足元をすくわれてしまうのでしょう。

やはり、日本の教育は、今一度、幼稚園・小学校レベルからやり直した方が良さそうですネ。

小学生でもわかる道徳上、人道上、道義上の良識を、大の大人が平気で無視するだけではなく、それが正義だと胸を張って生きている訳ですから、本当に空恐ろしい世の中です。

私は、その頃は昆虫採集に勤しんで、野山を駆け回っていましたが…。

今も、夏の採集の事しか頭にないのですが…。

やっと、他人事のように、自分自身を客観的に見て、気持ちを前向きに切り替える事が出来ました。

周りの皆様に、心より、心から、感謝致します。

私の心に寄り添っていただき、本当に有り難うございました。


今週のオークション!!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2017/03/15(Wed) 21:24 No.12338   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

今週も、何とかオークションをアップしました。

私的には60番の個体がお勧めです。

菌糸ビンから取り出した時、思わず歓喜の雄叫び(?!)をあげてしまいました。

(チョット、大袈裟かもしれませんが、本当にカッコイイです。ただ、少し頭部と胸部に凹凸があるのが残念ですが、それをカバーできるシャープな魅力があります。)

眼の方は…、ご心配いただき有り難うございます。

ただ、こちらの方は、夕方以降になると眼精疲労が、かつてない程に深刻です。

やはり、愛車の大破から立ち直っていないからかもしれません。

事故から約1ヵ月半が経過するのに、何も悪くない100%被害者の私に誰も謝ってくれません。

ヒドイ世の中ですネ。

私は、幼い頃から、結構、「理不尽」な出来事に遭遇(?)してきましたが、今回の一件の中にも今の世の中を象徴する悪の構図(!!!)が存在します。

弁護士の存在です。

法律の存在です。

完全ではない法律の隙間を縫って、イザと言う時には弁護士が悪人に手を貸して、加害者を守ってしまうという構図です。

この図式(?!)をまともにくらった被害者はたまったものではありません。

気を付けよう!!!暗い夜道とS損保!!!

こんなヒドイ事をしているから、S損保はテレビであんなコマーシャルを流せるお金を捻出できるのですネ。

ネットを見たら、被害者の会の掲示板が立ち上がりそうな書き込みが多々、見られました。

被害者は私だけではないと知って、少し気持ちが楽になりました。

やはり、本社への苦情、社長への直訴、所轄官公庁へ事実をもって糾弾するのが一番、効果的なようです。

ただ、何でもそうですが、正しい事を正しいと最後まで言い続けるのは本当にエネルギーが必要です。

これが出来ないから、殆どのヒトが泣き寝入りです。

そこを相手は見越して、マニュアル通り、機械のように、被害者を人間と思わずに臨んでくるのですネ。

本当にヒドイ奴らです。

私が相談に乗ってもらった弁護士先生も、あからさまにS損保に対して「奴ら」という言葉を使っておられました。

お蔭様で体重が87キロから82キロまで5キロも減量できました。

きっと私の祖父も、弁護士という職業柄、きっと法律の不備について、弁護士本来の姿と現実の狭間で悩みながら(?)体を壊したのではないかと思ってしまいます。

オオクワガタの話題ではなく本当に申し訳ありません。

先の「我が家のルーツ(?!)」は、誤解を招きかねない内容のため、書こうかどうか、書いてもアップしようかどうか、非常に迷いました。

親父が私に話してくれた中で印象的だったのは「ボクが親(森田の祖父さん)から言われた事は一つだけ。勉強がイヤなら丁稚になれ。丁稚になりたくなければ勉強しなさい。」ということです。

親父は丁稚にはなりたくない、と思ったので必死になって勉強した、と言っていました。

私は額面通り親父と祖父の言葉を取った訳ではなく、やはり商売は非常に難しく、学校で勉強するより早くから社会に出て、丁稚奉公をすることにより、人間の本来の姿を良きも悪しきも知ることが大切だと言いたかったのだと思います。

父が祖父を語る時の決まり文句は「あれだけ頭の良いヒトなのに、謙虚で、庶民的で、誰からも好かれていた」という言葉です。

「平凡」であることが、実は一番、大切で、難しい。

だからこそ、「平凡」な人間になりなさい、という気持ちを込めて、私の親父には「雄平」、私には「紳平」と名前を付けたそうです。

私の父も、クールですが、あたたかいです。

ビックリするほど謙虚なヒトです。

欠点は、…、私には甘い、親バカです。

(私も、息子には、親バカですが…。)

私は敵だらけの、欠点だらけの人間ですが、親父が祖父の悪い噂を聞いたことが無いように、私も親父の悪い噂を聞いたことがありません。

やはり、私は、まだまだ修行が足りません。

私には「丁稚になりたくないから、必死で勉強した」父の苦労を知らないのです。

のほほんと、好きな事だけ好きで勉強してしまいました。

ここに親父と私の決定的な差が現れています。

だからこそ、何かを戒める意味で、理不尽な出来事が起こって、ご先祖様が私に修行をさせているのだと思います。

長々と書き綴ってしまいました。

チョット、心が疲れているようです。

ご容赦下さい。

これぞ「Gゴールド85・秘蔵個体の子ども... - ヤー坊 2017/03/16(Thu) 01:50 No.12339
ケンケン様、オオクワ愛好家の皆様、こんばんは。

お久し振りです。前回から1年以上経ってしまいましたが、悲願が達成できたので投稿させていただきます。

ケンケン様、たいへんな思いをされていることがよくわかりました。

それなのに、オークションに出品してくださるばかりか、丁寧な梱包で発送してくださったり、質問にわかり易く答えてくださったりと、本当にありがとうございます。

「正しい者が苦しむ」「正義が通らない」・・・こんな世の中はおかしいですね。慰めの言葉もありません。
ケンケン様は、睡眠時間も短いと推察します。
くれぐれもご自愛ください。

さて、ケンケン様のお蔭で「Gゴールド85・秘蔵個体の子ども」をついに手にすることができました。

昨年の2月5日にケンケン様が初めてオークションに出された「Gゴールド85系統♂77mm(ケンケン様曰く=昨年度から、以前のDゴールド、Gゴールドと似てはいるものの明らかに少し違う、太いながらもバランスの取れた形状の個体群が羽化してきていたのですが、本個体群は将来的には別の系統としてネーミングする可能性がある、いわば『新種(?!)』の系統です。)」は、「大アゴが太く立派で、頭部の幅が広く、腹部が小さく締まっていて、正に私好みのがっしりしているけれど、バランスも素晴しい個体」だと思いました。
手に入れたいと思いました。

しかし、この時は「プラチナ74SP2ペア」や「Dゴールド80♂」をケンケン様から譲っていただいた後だったので、先立つ物を工面できず、臍を噛んでおりました。
そこで、1年かけて節約してお金を貯めていました。

すると、今年に入り、2月26日に「遂に秘蔵個体第1号の羽化です!!」というケンケン様の投稿があり、28日に出品されました。

私は、chako_ete 様が、一言「54番もカッコイイなあ!!」とおっしゃっていた「Gゴールド85系統・54(♂80.0mm・♀54.0mm)」を譲っていただくことができました。
このペアーは、昨年12月上旬羽化のため即ブリードはできないとのことだったので、我慢できない私は、「♀53mm」もお願いして譲っていただきました。

ケンケン様は、以前から「この魅力は、どうしても写真や画像ではお伝えできない、実際に手に取って見ていただいた方で無いと真に理解してもらえない魅力です。」とおっしゃっていますが、まさにそうだと思いました。

この「Gゴールド85・秘蔵個体の子ども・54」の一番の魅力は、迫力のあるがっしりとした体に釣り合った立派な顎だと思います。
やや直線的な顎は、太くてシャープで私好みです。顎も体もどっしりとしていて存在感があります。

この魅力は、他の個体と比べると、よりはっきりします。比べてみて、「ド迫力」「異次元」「一目瞭然」という言葉が浮かんできました。

皆さんにわかっていただこうと、我が家で羽化したほぼ同じくらいの大きさの「Gゴールド85系統(昨年の種親)」と並べてみました。何枚撮っても写真になるとわかり辛いのが、もどかしいです(写真のアップの仕方がわかりません)。

とにかく、思いをわかっていただきたく、嬉しさのあまり投稿させていただきました。

ケンケン様、この度は素晴らしい個体を譲ってくださり、ありがとうございました。大事に育てます。

長文、失礼いたしました。


Re: 今週のオークション!!! - ユウショウ 2017/03/16(Thu) 18:08 No.12340
博士、兄様、皆様、こんばんは。

博士、何と申し上げればよいか見当もつきませんが、お体だけはくれぐれもお気を付けください。

ルールの大義を無視して、自分たちの都合の良いように字面だけを利用する輩は本当に許せません。

人道的観点を抜きにした法律解釈は、ケダモノにも劣り、正に暴力そのものです。

しかし、往々にしてこの類の理不尽がまかり通るのは、残念ながら世の常ですね。

私も、まあ一通りの憂き目には遭ってきたつもりですが、最近は「子供向き」での観点で判断しております。

たとえ少々辛くとも、親父として子供に恥ずかしくない行動だけは取らないといけないと思っております。

子供としての私自身はと申しますと、博士とは違って、自分の親父が嫌いでありました。

酒癖が悪く、低所得の割には妻の苦労は顧みず、子供にはやたらと厳しく、そのくせ外づらだけはいい。

しかし、私もいい年になって、最近はふとした瞬間、親父の「あの時」の気持ちが如実にわかる経験をしたりもします。

血は争えないと申しますか、恥ずかしながら父子で堂々巡りをしている気さえしております。

父は昨年七回忌を迎えましたが、私が困窮している時を含め、まだ一度も枕元には立ってくれません。

何かの示唆を与えてくれるべく期待しているのですが、沈黙したままです。

父の死に目に会えず、また父の死で母一人になったことが、6年前に私が帰阪した主な理由です。

最期の日、電話口で父が息絶え絶えに私に何を言おうとしていたのか、今になっても想像できませんが、いずれ私も同じ目に遭った時、わかるのかもしれません。

巷の理不尽に苦しまれている博士のご文を拝見し、私もまた長く書いてしまいましたことをお許しください。


おお!!ヤー坊様!!! - chako_ete 2017/03/17(Fri) 20:54 No.12341
ヤー坊様へ

お久しぶりです!!

お変わりありませんか?

ヤー坊様の書き込みを再び拝読することが出来て、私は本当に嬉しいです!!

ヤー坊様の優しさと熱いハートのある書き込みが私は好きです!!

これまでに何度も「ヤー坊様、この掲示板を見ていらっしゃいますか」と書き込もうとしたのですが、

インターネットは、人が現れては去る世界。

出会いもあれば別れもある。寂しいけれど仕方ないと思っていました。

ああ!嬉しいな!!ヤー坊様、またよろしくお願いしますね!!

ところで、以前、期待の幼虫がいるとおっしゃっていましたが、無事に羽化しましたか?

期待通りの成虫になりましたか?

話は変わります。

そうですか!あの54番はヤー坊様が!?

私も先立つものがあれば入札したかったオオクワガタです!!

子供のような素直な気持ちで申し上げます。「羨ましいです!!」(笑)

54番カッコイイですよね!!画像では伝えられない素晴らしさがある個体だと思います!!

いやあ良かった!ヤー坊様の書き込みを私は楽しみにしておりますので!



ユウショウ様へ

「人道的観点を抜きにした法律解釈は、ケダモノにも劣り、正に暴力そのものです」

私もユウショウ様のおっしゃる通りだと思います!!

ユウショウ様の生い立ちのお話、心に沁みました。

なんと申しますか、人間が生きていく中で、誰もが何かしらを抱えているものですよね。

ユウショウ様も、私も、そしてケンケン様も……

このインターネット、顔の見えない、そして、どこの誰かも分からない付き合いではありますが、

どうかこれからもよろしくお願いいたします。

私、ユウショウ様の書き込みも本当に楽しみにしておりまして、読んだ者の心に響くその内容に影響されます。

次の話題を待っています!!



ケンケン様へ

一日も早い解決を祈るばかりです。

無理やり明るい話題に移しますが、(笑)

今回のオークションも素晴らしいですね!!

ケンケン様がおっしゃる60番!私も唸りました!!

早くも入札があって、「おお!!」って高揚しましたよ!!

サービス個体の59番は、他の出品されているゴールドとは一味違う趣があって面白いですね!!

元祖Gゴールド系統に似ているとのことですが、こういう個体も良いですね!!

やっぱり私は3番と58番が好きですね!!

3番と58番は、今は誰かの手に渡ってしまった6番に続く、私の胸キュンオオクワガタですね!!(笑)


報告させていただきます - ヤー坊 2017/03/17(Fri) 22:20 No.12342
  
ケンケン様、オオクワ愛好家の皆様、こんばんは。
chako_ete 様、温かいお言葉をありがとうございます。お心遣いに感謝いたします。お陰様で元気にしています。

この掲示板は、ずっと見ています。というか、見ている回数は、皆さんにも増して多いのではないかと思っています。

例えば、先月末にこのHPが見られなくなってしまった時に、サーバーの問題だとはいうものの、私は何とか見ることはできないものかといろいろ調べ、3時過ぎに復旧してやっと見ることができてから、安心して床に就いた程です。

chako_ete 様始め、皆様の熱い投稿を楽しく拝見させていただいています。

ご質問の幼虫の件ですが、実は前回16日の投稿の時に、あの文章の続きとして「以下、報告させていただきます。」と書いて、その幼虫のことも報告する文章を作ってありました。

しかし、余りにも「Gゴールド85・秘蔵個体の子ども・54」に関する部分が長くなってしまったため、別の機会にと割愛しました。

ご質問をいただきましたので、これ幸いとばかりに記させていただきます。

以下、報告させていただきます。

昨年2月20日頃に、この掲示板で報告した3本目交換時、39.0gだった「GG84系統(種親♂80.2mm×♀53.0mm)」の幼虫は、暴れて31.6gになってしまい、蛹化せず30.7gの幼虫のままです。そして、残念ながら、今は投入した穴にはまった状態でいます。

また、兄弟の35.4gの幼虫は、★になってしまいました。

ガラス温室と冷やし虫家1台しかなく、エアコンをオオクワ用に使用できない我が家は、夏の暑さ対策が大きな問題です。

昨年12月に「ヤフオク!」でケンケン様に譲っていただいた「プラチナ74SP(♂79mm×♀45mm)」をブリードしたら、3本目への交換時に「32.6g」「31.8g」の幼虫が出ています。

また、平成25年の「クリスマス特薦」でケンケン様に譲っていただいた「GG84系統(種親♂84mm・♀54mm)」の26.2gの幼虫から羽化した♂73mmと、12.4gの幼虫から羽化した♀47mmを種親としてブリードしたら、27.6gの幼虫から昨年6月に80mmが羽化しました。

このように、ケンケン様が商品説明でよく「潜在能力は抜群です。」と書かれていますが、その通りだと思います。

昨年12月に余剰個体で譲っていただいた「プラチナ74SP艶系(♂77mm×♀46mm)」をブリードして得た10頭の幼虫は、ほとんどが♀で残念ながら、最大「22.0g」の♂しか出ていません。

昨年12月にケンケン様にプレゼントしていただいた「プラチナC73(種親♂83mm×♀55mm)」の子の3齢幼虫(♂26.0g・♀12.6g)は、昨年夏に♂75mm・♀50mmで羽化しました。今年ブリードするのが、楽しみです。

オオクワを通して夢を見させてくださるケンケン様には、感謝の気持ちしかありません。ありがとうございます。

1年分の長文、たいへん失礼しました。


Re: 今週のオークション!!! - タカタカ 2017/03/17(Fri) 23:24 No.12343
お久しぶりです。
ケンケン様、非常に難しい時期を過ごされていますね。
心中お察し致します。

今週のオークション、いつにも増して魅力的な個体が多い気が致しますが…

気になる個体を拝見していくと…

ある個体の画像に

ケンケン様のお気に入りの御神木との2ショットが(笑)

やっぱり、クワガタの生息する自然に身を投じるのが、最高の癒しですね。


私の虫部屋では、去年採集したオオクワ♀からの幼虫が続々と蛹になっています。

恐らく、今夜から明日の朝にかけて待望の♂が蛹になると思います。

自己採集からの累代個体、思い入れがあります。

いつか、ゴールドのような血統を産み出せればと思いますが、オオクワガタの採集の比ではない位に難しい事ですね。

ケンケン様のゴールドに注がれた情熱や時間は本当に凄まじいと思います。

私も相当なクワガタ好きを自負しておりますが、ケンケン様、本当に凄いです!



Re: 今週のオークション!!! - ユウショウ 2017/03/18(Sat) 05:43 No.12344

博士、兄様、皆様、こんばんは。

ヤー坊様、はじめまして。ご文拝見いたしました。またお一人ツワモノが…。兄様ともすでに交流があられたようで…。まったく世界は広うございます。

挙げられている具体的な数字や幼虫の辿った様子などを伺っていると、飼育駆け出しの私からすると、まだまだ遠くの世界のことのように思えます。

中でも前回(3・16)のご内容は、私もまだ駆け出しながらも、GG85の飼育者として、是非その新種を拝見したく思います。お写真、どうにか挙げられないものでしょうか。

それから、今回のご文の中に、プラチナC73(種親♂83mm)とありました。これにも私は大変興味を掻き立てられてしまいました。なんとか拝見できないものでしょうか。

博士を含め、なにとぞよろしくお願い致します。


タカタカ様、はじめまして。

ワイルドからのブリード。私がこの掲示板で、皆様からよりお聞きしたい内容のひとつでありました。

私も昨6月、オスを全くのラッキーから採ることができ、それを機に、オオクワガタ飼育に目覚め、博士との御本に出会い、また皆様とも出会い、今日があるわけです。

「ゴールドのような血統を産み出せればと思いますが、オオクワガタの採集の比ではない位に難しい事ですね。」を拝見いたしますと、やはりそうなのかという落胆の気持ちと、それとは真逆のなぜか嬉しい気持ちが同居いたします。

博士という「巨人」が先頭におられ、皆様のような強者がまた前におられ、私如きはそのご様子をやっと覗き見る程度ではありますが、やはり縁あって手にした個体には一角の思い入れがあります。

美しい、美しくないは2の次。まずは立派に純血次世代を手にすべく、皆様の後について行こうと思う次第であります。


兄様、おはようございます。

昨晩、産卵木届きました。兄様に教えていただいたメーカーは北海道だったため、送料が高くつきそうで、やはり「西日本」のに今回はいたしました。色々ありがとうございました。

ワイルド♂は無事、冬を越してくれましたので、この週末セットを組もうかと考えております。兄様の高等技術はまだ私には使えそうもありませんので、基本通りにやろうかと思っております。

今回のオークションですが、せん越ながら私に一頭挙げさせていただけるなら、兄様もご推薦の、やはり3番でしょうか。

お写真を拝見していると、気分はいつしかフィールドへ。樹液の匂い、台場クヌギの真っ黒く巨大な樹影、あたりの静けさ、それらをさっと頭によぎらせる個体であります。

最近はまだ冬のような寒い日もありますが、陽の出ている時間は確実に長くなってきています。もうしばらくするとまたあの「熱い」季節になるのですね。


皆さん、有り難うございます。 投稿者:ケンケン 投稿日:2017/03/12(Sun) 15:44 No.12330   

私のルーツを少し書かせていただきますネ。

私のご先祖様は、大阪は堺の商人で、歴史上は七人衆に出てきます。

時代劇では悪人役が定番の、大名にお金を貸していた「両替商」でした。

かつては、千両箱がうなっている(?)大金持ちだったそうです。

ただ、お金持ちだから必ずしも幸せだとは限りません。

私の祖父は、大事な跡取り息子として長男で生まれて来たものの、お母さんが産褥熱でスグに亡くなり、祖父は母親の顔を知らないのです。

婿養子で来たお父さんは後妻さんをもらったため、スグに妹二人が生まれたため、森田家の血を継ぐのは祖父一人で、お祖母さんに育てられたと聞きます。

寂しさを紛らすためか、どうかは分りませんが、大阪の街を離れて、東京大学・法学部に入学し、学生時代から政治家の書生をしていたと聞きます。

本当は外交官になりたかったようですが、試験に受かったものの、後継ぎのため強引に大阪に引き戻され、家業のかたわら、お笑いで有名な「吉本興業」の顧問弁護士をしていたそうです。

ただ、大阪での生活は決して幸せなものではなかったと聞いています。

父の兄弟は、父が長男で、弟さんが二人の3人兄弟。

戦争中と言う事もあり、東京へは出て行きづらく、3人とも京都大学で学んだと聞きます。

父は農学部、叔父二人は工学部と文学部です。

ユウショウさん、この一番下の叔父が実は哲学科(キリスト教哲学専攻)で、同志社大学のキリスト教哲学の教授をしておられました。

森田雄三郎で検索すれば、スグに出てきます。

私の父も、叔父二人も、祖父の苦労を知っていたので、お金儲けにはタッチせず、家業を継がずに、皆、学問の道を志したと聞きます。

父に至っては、当時の吉本興業のオーナーである「吉本せい」さんから、京大の教授になったんやから、もうそれ以上はないのから、さっさと京大を辞めて事業をしなはれ、と言われたそうです。

父は、どんなに貧しい生活であっても、本当に学問に真摯に取り組み、私を可愛がって育ててくれました。

そんな後姿を見て、私は育っています。

つぎはぎだらけのコートの父の後ろ姿を見て、涙した事もありました。

「お金はあるに越したことはないけど、あったらあったでシンドイこともあるんやで」というのが父の口癖でした。

私が物心ついた頃から、既に父は京大の教授で、社会的な地位はあったものの、蔵を改造した借家住まいで私は10歳まで銀閣寺周辺で過ごしました。

北白川という地域は、本当にブルジョアばかりが住んでいる地域で、ワコールの先代社長のお嬢さんも小学校の同級生でしたし、みんな高級住宅地の一戸建てに住んでいて、何故、私だけが違う環境で住んでいるのか、悲しい気持ちになった事もありました。

やっと、10歳の時に今の実家がある郊外の宇治市に引っ越しして、一戸建てに住むことになりましたが、これも土地は母の実家が購入してくれたもので、父は研究以外は何も望まない(?)根っからの学者でした。

長くなりました。

皆さん、私の生い立ちを読んで、色々と思われる方もあると思いますが、我が家の底辺を流れているのは「フィロ・ソフィ」すなわち「哲学」の語源である「知を愛する」という事で、学歴は望んだものではなく、自然と後からついて来てくれたものだと信じています。

我が家の血統には、それしかないのです。

生きるのが下手な人間、「凡夫」の血統です。

ただ、「学問」、私の場合は「オオクワガタが棲息する自然」が好きなだけです。

それを突き詰めたところ、私のような変わり者が誕生しました。

このような私ですが、もし、皆さんと一緒にオオクワガタについて楽しくお話を出来れば、本当に幸せです。

今後とも、宜しくお願い致します。




Re: 皆さん、有り難うございます。 - yuppe 2017/03/12(Sun) 17:35 No.12331
ケンケン様、皆様こんにちは
ケンケン様の話し素晴らしい話しばかりですね!
これからも、オオクワ話しでこの掲示板を盛り上げていきましょう‼


Re: 皆さん、有り難うございます。 - ユウショウ 2017/03/12(Sun) 21:45 No.12332

博士、皆様、こんばんは。

博士、ルーツについてのお話、こんな言い方は失礼かと思いますが、大変興味深く読ませていただきました。某放送局の「ファミ〇ーヒス〇リー」も真っ青なお話でありました。

「学歴は望んだものではなく、自然と後からついて来てくれた…」をお聞きしますと、若かりし日の私に「お前は分をわきまえた方がいいよ」といってやりたくなります。

私にとって京都大学は、結局のところ、短きょり走のトレーニングをつんで、ウサイン・ボルトに100m走で勝て!というようなものだったと今では思えます。

父は佐賀県の百ショウの出で、地元の工業高校を卒業後、高度成長期に集団しゅうしょくで大阪に来たタンゾウ工、母はしょっ工の娘で中卒。

あえて「凡夫」という言葉を使うまでもなく、私は正真ショウメイの凡夫オブ凡夫スであります。

福沢ゆ吉よろしく、学問こそびんぼうからぬけ出るゆいつのほうほうだと信じて、若い時はいやなものも全部うのみにしてやってまいりまいした。

フィロソフィー。このことばの真の意味に気づいたのは、ついこの間だったような気がいたしております。

そういう私も今では3児の父親です。子供たちには結果ありきではなく、今を精一杯楽しめと言ってやりたく思っています。

そして、そう言うからには、私もまた楽しまなくてはなりません。(都合のいい自己ベンゴでしょうか?)

chako_ete兄様。早速のお返事ありがとうございました。

やはり、兄様に聞いてよかったです。「小ケース・マットなし」にはどぎもをぬかれてしまいました。

なんという「おうよう編」。これで80ミリが出てくるのですね。ツワモノはどこにもいるのですね。

「ニクウスバ」のメーカーも初めて聞くお名前で、本当におたずねしてよかったです。私だけでなく、ブリーダーのすそ野を広げる一助となる今回のお応えだったと思います。

兄様、ついでにもう一つお聞きしてかまいませんか。

博士が「カッコイイ」のサンジを送られた文章で、「2016年2月17日3本目、5月16日蛹化」とありましたが、その時の+3度はいつでしたか。

実は私のGG85。2月14日が4本目なのです。+3度を兄様と同じ時期に合わすとその後のカテイがにかよったものになるのではないかと思い、おたずねいたしました。

4本目投入後、菌糸ビンの中央で蛹室を作ったようで、外側からはまったく中の様子がわからなく、どうしたものかと思っています。

兄様の日付を参考に、中の状態をはあくするのが、現時点ではサイゼンかと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。


飼育者の数だけ飼育論はありますが… - chako_ete 2017/03/13(Mon) 20:11 No.12334
ケンケン様へ。

貴重なお話をありがとうございました。

私も一日一日を一瞬一瞬を大切にして懸命に生きていきたいと思います。

これからもよろしくお願い致します。



ユウショウ様へ。

そうですね、ただちにプラス3度にしてください。

私の経験から、蛹室作りから蛹化、そして羽化までのステージで、日本のオオクワガタに丁度良い温度帯は24度から26度くらいだと思っています。

色々な考え方があって、低温でじっくり管理した方が、太くて綺麗な成虫が羽化するという人もいます。

私は、その考えに少々疑問を持っています。

低温にすると蛹の動きが鈍くなります。寝返りの為の動きが弱々しくなるのですね。

これだと、羽化の時に正しい体勢が取れなくなる場合があります。

当然、羽化不全につながります。(経験者は語る、です)

その低温が何度であるかにもよりますが、やはり安全にスムーズに綺麗に羽化させるには、国産オオクワガタの場合、24度から26度くらいが良いでしょう。

もちろん、23度でも問題ありませんし、27度でも大丈夫でしょう。

24度から26度というのはあくまで目安に過ぎません。


続きまして。これから述べることも目安に過ぎませんが、

最終ビン投入時の幼虫の体重から、3〜10グラムを引いたのが蛹の重さになります。(幼虫が暴れなければ)

ユウショウ様の幼虫は30グラムで頭幅が13ミリとのことですから、

蛹の重さは20グラム〜27グラムくらいになると思われます。

国産オオクワガタの場合、蛹の重さが23グラム程あれば、80ミリの成虫を期待できます。

20グラムの蛹なら、77ミリの成虫。

30グラムの幼虫から27グラムの蛹になるというのは出来過ぎなので、実際は、蛹化がスムーズに行ったとしても25グラム辺りで納まるのではないでしょうか。

25グラムの蛹ならば81ミリから82ミリ程の成虫になるでしょうかね。

ゴールドは太くて厚いので、蛹の重さからの体長予想がしにくいです。

それでもあえてユウショウ様の幼虫の羽化後の体長を予想するならば、最小77ミリ最大82ミリくらいではないでしょうか。

ユウショウ様の書き込みから判断すると、幼虫が暴れてはいないようなので、77ミリより小さくなることはないと思います。


話は変わります。

人が手助けをせず、オオクワガタの力で自然に羽化することが理想だと思います。

われわれの師匠であるケンケン様もそのような考えをお持ちでいらっしゃいます。

ですが、ここはあえて「露天掘り」をなさってはいかがでしょうか。

露天掘りをする場合は、蛹になったと確信が持ててから掘ってください。

前蛹の時に露天掘りをしてはいけません。

ボトルの外から中の様子が分からないとのことなので、蛹になったかどうかを判断するのは難しいとは思いますが、日々の観察から、ボトルの中の状態を推し量ってください。

ボトルの中の様子が分からないからこそ露天掘りの必要があります。

蛹というステージにも色々な罠がありまして、

例えば、蛹室の中にキノコが生えることがある、という罠。

これを放っておくと、キノコに圧迫されて蛹が死んでしまいます。良くて羽化不全。(経験者は語る、です)

まあ、24度前後で管理をすればキノコは生えないとは思いますが、なにしろオオヒラタケ系菌床はキノコが生えやすいので油断は出来ません。

それと、「露天掘り」には羽化不全を防ぐという効果があります。

何事にも「絶対」はありませんので、露天掘りをしていても羽化不全してしまうこともありますが、羽化不全のリスクを小さくしてくれることは間違いありません。

なにより、露天掘りをすることによって、蛹室の状態、蛹の状態、そして羽化後の成虫の状態がチェックしやすくなります。

急な事態に対応しやすくなります。

例えば、羽化したけれど「羽パカ」になってしまったとしましょう。素早く対応すれば、羽パカを矯正することが出来ます。

具体的に説明すると、開いた羽を閉じてテープで留めるのです。テープは養生テープや絆創膏のテープ部分を丁度良い大きさに切って使います。

適度に粘着力があって綺麗にはがせるタイプのテープならなんでも良いと思います。

テープで留めた後は、オオクワガタが黒く固まるまで放置です。

もしユウショウ様が「自然な羽化」を望み、菌糸ボトルを今のままにしておいた場合、上記のような事態に対応できるでしょうか?

ボトルの外から中の様子が分からない場合こそ、「露天掘り」が必要になる時です。


もし「露天掘り」をなさる時は、くれぐれも慎重に掘り進めてください。

スプーンで蛹を潰してしまったりしたら、悔やんでも悔やみきれないですからね。

露天掘りをする場合、幼虫が蛹になってから掘りますが、蛹になったかどうかについて確信が持てない時は、「露天掘り」を諦めて、「自然な羽化」の方向で進めましょう。

変なタイミングで掘ると取り返しのつかないことになりかねませんからね。

良いタイミングは蛹化から10日ほど過ぎてからでしょうかね。

もう一つ。露天掘りをした場合、堀った際に蛹に付いてしまう菌床のカスを取り除くことになりますが、筆などを使って優しく取り除いてください。

エアダスターを使ってはいけません。

パソコンやカメラのホコリを飛ばすのに使うスプレー缶があるでしょう?

あのエアダスターは便利ですが、それを蛹に使うと、エアの噴射を当てた部分が壊死していまい、やがて蛹は死んでしまいます。(経験者は語る、です)

エアの噴射のやり方にもよるのですが、近距離で強く当ててしまうと高確率で壊死してしまいます。(当てた部分が黒くなってしまう)

黒くなった部分が徐々に広がっていき、やがて蛹は死んでしまいます。

ちなみに、蛹室内に生えたキノコで圧迫された場合も同様の死に方をします。

キノコに圧迫された部分が黒ずんで、その黒ずみが広がっていき、やがて蛹は死んでしまいます。

これは蛹の時期も関係していると思います。羽化間近の蛹ならある程度は耐えられるを思います。エアの噴射にも。キノコの圧迫にも。


長々とスミマセンでした。

今、ユウショウ様の幼虫は大事なステージにあって、

私、なんとか無事に羽化してほしいという思いから弁に熱が入ってしまいました。

80ミリを超える成虫の羽化が期待出来る為、羽化不全のリスクは大きくなります。

大型幼虫を育てる上で、羽化不全問題は避けて通れない事柄です。

ですから、羽化不全を防ぐ効果がある「露天掘り」という選択肢も心に留めていただければと思います。


ケンケン様の教えのとおり、自然に羽化させる方がオオクワガタにとってはベストでありましょう。

ですが、その状態によっては思い切った対応をすることも必要だと思います。


幼虫の重さ幼虫の頭幅から考えて、大きく立派な成虫になることは間違いありません。

大きく逞しく美しいゴールドが無事に羽化することを心から祈っております。

そして、ユウショウ様の「嬉しい報せ」を楽しみに待っております。


追伸
24度前後で管理した場合、
前蛹期間が約30日。
蛹期間が約30日です。目安として。

2月14日に投入後、直ちに蛹室を作り始めたなら、
最短で3月25日頃、蛹化。
4月25日頃、羽化。

こんな感じかなあと思いますが、まだプラス3度にしていないのですよね?

本日からプラス3度にするとしたら、
4月上旬に蛹化。
5月上旬に羽化、かなあ。

ただし、蛹室を作り始めていることを前提としての予想ですよ。
蛹室を作り始めているのかと思ったら、実はそうではなかった。そういうことはよくあることです。

蛹室を作っていなかったとして予想するなら、
本日からプラス3度にするとして、それに刺激されて蛹室を作り始めるとして、
4月中旬に蛹化。
5月中旬に羽化かなあ、最短で。

まあ、どんなに遅くなったとしても、今からプラス3度にすれば、6月中旬までには羽化するでしょう。

プラス3度、蛹化を促す為に、羽化をスムーズにする為に、大切なことだと思います。


Re: 皆さん、有り難うございます。 - ユウショウ 2017/03/13(Mon) 22:51 No.12335

博士、皆様、こんばんは。

chako-ete様、毎度毎度本当にありがとうございます。経験に裏打ちされた、オオクワガタ飼育の知見には、私如き素人には、正に目の覚める内容でありました。

それに加えて、chako-ete様の志を同じくする者に対するかけ値なしのそのお優しさは、人として私も見習わなければならないものだと痛感致しております。

「露天掘り」…また新しい言葉が出て参りました。私如きに可能でしょうか。まさに外科手術を彷彿とさせるものがあります。

蛹室の天井部分だけを蛹に触れることなくスパテルで取り除く。その際、菌床クズをできるだけ落とさずに…。至難のわざですね。

小実体が菌床の外側に出てくれば、中も同じ状況だと考えて、手術にふみきらざるをえないように思いますが、外側には出なくて蛹室内だけに出るということもあるのでしょうか。

「羽パカをテープで治す」に至っては本物の外科手術ですね。そのようなことが可能なのですね。

本文を何度も読み返すうち、最初は荒唐無稽に思えたその内容もここ数か月の観察で得た実感と照らすとなんとなく現実味を帯びてくるから不思議なものですね。

とりあえずは、先程「+3度」を実施致しました。棚の温度は只今24.3度です。

今後は、「追伸」の行程を頼りに「露天掘り」をするかしないか、するならどのタイミングか、またご相談させていただこうと思っております。その節はどうぞよろしくお願い致します。

…以前に書かせていただいた蛹化したコクワのことですが、めでたく羽化して、取り出してみると47ミリありました。


基本は「オオクワガタ飼育のすべて」 - chako_ete 2017/03/14(Tue) 19:46 No.12336
ユウショウ様、度々失礼致します。

一晩経て、改めて考えてみると、私も少々神経質だったかなと。

やはり、われわれの飼育方法の基本となるのは、ケンケン様の方法。

迷った時は「オオクワガタ飼育のすべて」に倣うのが一番。

このまま「自然な羽化」を待つのが最善かと思います。


キノコは心配しなくても大丈夫です。

プラス3度にしたとのことですし、その温度ならキノコが生えることもそうそうないでしょう。

それに、蛹室の壁がキノコを防ぎますからね。普通は生えませんよ。


ひとまず、「自然な羽化」を待つ方向で飼育を進めましょう。

ユウショウ様がボトルの中が見えなくて不安を感じるようであれば、その時、改めて「露天掘り」を考えましょう。

それでは、また!


コクワ羽化おめでとうございます!! - chako_ete 2017/03/14(Tue) 20:48 No.12337
ユウショウ様!うっかり大切なことを忘れていました!

コクワ無事羽化おめでとうございます!!

良かったですね!!!

47ミリとは大きなコクワですね!!


今週の嬉しいお便り。 投稿者:ケンケン 投稿日:2017/03/12(Sun) 22:04 No.12333   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

最近、本当に夜は眼精疲労で、何とか頑張って書き込みをしています。

そんな中で、お譲りした個体を気に入っていただけた時の歓びは何物にも代えがたいものがあります。

今日も、以下のお便りで頑張れました。


無事個体受け取り出来ました。

♂78.5ですが、写真で想像していたよりも実物はさらにカッコよくて思わず声を出してしまいました。

顎を閉じていてもバランスが良く、長さだけではない全体的な迫力がある個体で、ますますゴールド系のファンになりました。

この度はよい個体を譲っていただき、本当にありがとうございました。

今後もますますのご活躍をお祈りしております。


このような文面を見る事が出来るのが、私の至福の瞬間です。

今週も頑張って、オークションを開催しますネ。

是非、お立ち寄り下さい。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -