2040774
オオクワガタに魅せられて
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

究極の飼育方法! 投稿者:ケンケン 投稿日:2013/05/10(Fri) 20:28 No.7218   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
さて、オオクワガタ飼育の楽しみ方は千差万別、本当に色々あると思いますが、私がここ数年、力を入れてきたのが「菌糸ビン1本がえし」です。
800ccのMGエノキタイプに初令幼虫を入れて、そのまま放置する事○ヵ月。
どのようなサイズで羽化してくるのか?
先に結果から申し上げますと、系統と温度を選べば、♂74mm、♀53mmクラスが綺麗に最初の1本目で羽化してきます。
勿論、系統によっては、小型サイズしか羽化してきませんし、場合によっては1本目の菌糸ビンを放置しておくと劣化が激しく、羽化不全や場合によっては「★」個体も多発してしまいます。
これまで、本当に試行錯誤の連続でしたが、やっと菌糸ビン1本がえしで♂70mm以上、♀50mm以上でほぼ100%、無事に羽化してくる系統、条件を見つけました。
勿論、本系統は、条件を整えて2本がえしすれば♂80mm、♀55mmが羽化してきます。
元々の親のサイズは、♂84mm、♀54mmですので、当然ながらゴールド系統としては超大型系統なのですが、菌糸ビンの食べかすが、マットとしても本当に綺麗で、無事に(羽化不全することなく)羽化してきた姿を見て、一つの目標を達成した嬉しい気持ちで一杯です。
勿論、これで満足することなく、菌糸ビン1本がえしで♂80mm、♀55mmが羽化する条件を探っていきたいと思っています。
この延長線上に、きっと♂88mm、♀60mmの世界が現実的に広がって来ると思います。
あと、菌糸ビン1本がえしによって一旦、♂84mm、♀54mmから、♂74mm、♀53mmにサイズ・ダウンした個体から採れた幼虫を育てて、各々、1本目、2本目、3本目で羽化させた時に、どのようなサイズの個体が羽化してくるのか、ワクワク・ドキドキです。
このような実験が可能になったのも、実は1♀当たりの産卵数が飛躍的に伸びた「菌糸材+クワガタ・マット」の爆産セットのお蔭です。
ひと昔前、私は採卵が下手で、1ペアー当たり20頭の幼虫が採れれば大成功でしたが、今や2回に分けて60頭以上の幼虫が採れるのが普通になりました。
西日本昆虫社様と、川口商会様、そしてコバエシャッターを開発していただいたシーラケース様、プロゼリーを開発していただいたKBファーム様に感謝感謝です。
これからも、宜しくお願い致します。

ご無沙汰しております 投稿者:金華PON 投稿日:2013/04/25(Thu) 20:09 No.7213   
ケンケンさん、細々とクワをやっています。
去年は流行のYGを少々やってしまいましたので、
今年は、GGの幼虫を取ります。
大きさではYG843が出ましたが、
好きな形はGGです。
今年も、新潟でした。
早く大阪に帰りたいです。  ではでは。

早くお会いしたいですネ。 - ケンケン 2013/05/10(Fri) 20:22 No.7217

金華PON様、オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
書き込みが遅くなり、誠に申し訳ありませんでした。
関西を離れられて久しいですが、サラリーマンの宿命とはいえ転勤は大変ですネ。
早く、いつでも関西でのイベントに顔を出していただける日を楽しみにしています。
細々とでも趣味を続けていただいているようで、とても嬉しいです。
ゴールドの進化形を是非、拝見させて下さい。


オークション 投稿者:4830 投稿日:2013/05/01(Wed) 21:55 No.7214   
ケンケン様、皆様、こんばんは、ケンケン様のオークションを久しぶりに拝見しました。81mmの超美形個体すごいですね。

♂81mm - ケンケン 2013/05/06(Mon) 20:20 No.7216

4830様、オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
この♂個体は、とてもカッコイイ個体です。
お褒めの言葉、誠に有り難うございます。
それが、何故か今、本個体を見ると左足の符節が欠落していて...。
今までも、樹皮仕様の背景(実はコルク製?)を使って撮影していると、凄い力でつかまって中々、離れないため、時として力づく(?)で引っ張った事もありましたが、やはりこれが原因でしょうか?
本当にショックです。
何とか子孫を残すために、繁殖用に回そうと思います。


絶滅の危機 投稿者:ryou 投稿日:2013/04/23(Tue) 22:36 No.7212   
数頭いたDゴールドでしたが子孫を残すことができずに最後の1頭になってしまいました。
羽化して3年目になる♂です。
顎ずれに前脚麻痺とぼろぼろの状態ですが今季もう一度ブリードにチャレンジしたいので♀の余品ある方お返事ください!!

再びカブトムシのお話!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/12/02(Sun) 00:36 No.7067 ホームページ   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
今日は、本当に久しぶりにのんびりとした休日を過ごしました。
菌糸ビンの交換、成虫のゼリーやり。
平日は、睡魔と闘いながら、機械的に苦痛すら伴い(?)ながら飼育していることがあるのですが、今日は違いました。
やはり、人間、時間の余裕は必要ですネ。
飲み食いし過ぎて、ウエイトコントロールが大変ですが。

さて、話はまたまた「カブトムシ」の話題になりますが、12月に入っても例のカブトムシ君は非常に元気です。
さすがに老化によって(?)後ろ足の符節が取れてしまいましたが、立派なツノを誇らしげに動かしながら、ゼリーを食べています。
自己採集した個体だけに、また違った愛着があります。

この個体は、今年の夏、カラーズさんのイベント(USJオフィシャルホテルにて開催)で初めて知り合った方を7月末に採集ポイントに案内した時に採集した個体です。
(今夏は、6月上旬に義母が亡くなって以降、次々と予期せぬ事が起こって、オオクワガタ採集はベストシーズンには全く行けずじまいでした。)
明日は、このカブトムシを一緒に採集した新婚さん(!?)夫妻の所に、結婚祝いに私のお気に入りの成虫を持参してランチに行く予定です。
懐かしの箕面で待ち合わせ。
新郎のご両親がサントリーにお勤めで、新婦のお父様が東大寺学園の先輩というのも、何かのご縁です。
カブトムシ君、是非、年を越して長生きして下さいネ。

カブトムシネタですみません。 - カブクワ太郎 2013/04/21(Sun) 20:48 No.7207 ホームページ
ケンケン様、皆様、こんばんは。
古い話で恐縮ですが、ケンケン様が大切に育てられていた特大かつ長寿のカブトムシは越冬しましたでしょうか?
我が家での最長記録は11月までです。
今はカブトムシの幼虫を飼育中で、今月に入って3回目の餌交換をしました。
あとは、蛹化・羽化を楽しみに待つのみです。
オオクワガタの話でなくてすみません。


カブトムシ - ケンケン 2013/04/22(Mon) 00:47 No.7208

カブクワ太郎様、オオクワガタ愛好家の皆さん、こんばんは。

久しぶりの書き込み、有り難うございます。
私自身が、中々、掲示板に書き込みができずに、寂しい思いをしていた時に、下記の親切な方に原因を教えていただき、やっと書き込みを開始した次第です。

さて、お尋ねのカブトムシ君のお話ですが、実は年を越した正月3日の日、ゼリーにかぶりついていたのでジッと眺めていたのですが、何故かいつもと様子が異なり触角が動いていなかったため慌ててケースから取り出すと虫の息でした。

何とか年を越してくれたのですが、やはり春は遠かったです。
本当に長生きしてくれて、くたびれた私の心に元気を一杯、もらいました。
このカブトムシとの出逢いを、心から感謝しています。

どこかで、この個体の子孫が生きているのか、それとも、これだけ長生きした事実を考えると、エサ場でメスと出会いながらも独身を守り続けたのか、真相は解りませんが、今年も7月のシーズンには、またカブトムシを探しに能勢のクヌギ林に通おうと思っています。


長寿ギネス??? - カブクワ太郎 2013/04/22(Mon) 21:49 No.7210 ホームページ
ケンケン様、皆様、こんばんは。
ケンケン様、お返事をありがとうございます。
そうです。4830様のおかげで書き込むことができました。4830様にも「感謝!」です。
特大カブトムシは越冬したのですか。本当にすごいですね。
ケンケン様の飼育環境はオオクワガタだけでなく、カブトムシにも快適なのでしょうかね。それとも飼育技術でしょうか。
いずれにしましても、某SNSのコミュニティでも「12月まで生きていた」と書かれていたのが最長でしたので、長寿ギネスかもしれませんね。
オオクワガタの話題でなくて申し訳ないと思いつつも、ずっと気になっていましたので、我慢できずお聞きしてしまいました。
越冬したと伺って、とても感激しました。
うちの幼虫たちも、長生きするように大切に育てようと思います。
ちなみに、私はオオクワガタももちろん大好きです。
子供のころから、図鑑で見てあこがれていましたが、5年前に息子の幼稚園の友達のお父さんから菌糸ビンに入った幼虫をいただいて、無事に羽化したときは本当にうれしかったです。
今は飼育していませんが、ケンケン様のサイトやビー・クワでオオクワガタの写真を見ると心がときめきます。(笑)
この気持ちはこれからも変わらないと思います。
ケンケン様、皆様、これからもよろしくお願いいたします。


長寿の秘訣!! - ケンケン 2013/04/22(Mon) 23:47 No.7211

オオクワガタ、カブトムシ・クワガタムシ愛好家の皆様、こんばんは。

また、この度は4830様、貴重なご意見、誠に有り難うございます。

これで私もやっと返信フォーマットで書き込みができるようになりました。

さて、生物の種類によって、長寿の秘訣は異なると思いますが、こと今回のカブトムシに関しましては間違いなくエサであるKBファーム様の「プロゼリー」のお蔭だと思っています。

人間の場合は、ある年齢を超えると菜食主義の方が長生きすると言われ、高カロリーは敬遠されますが、昆虫界においては、まだまだ高栄養価の高タンパク食が長生きの秘訣のように感じます。

一般に短命だと思われていたミヤマクワガタに関しましても、ここ数年、プロゼリーを与えることにより、飛躍的に寿命が延び、夏のシーズンだけのムシという枠を超えてしまいました。

もっとも、このお蔭で、年度末に飼育費用を計上すると、ゼリー代だけで○○万円になっていてタメ息をつきましたが...。

さて、菌糸ビンの出現は、クワガタ飼育に革命をもたらしましたが、それ以外にも今回のゼリー、飼育容器のコバエシャッター、川口商会様のクワガタマット、西日本昆虫社様の菌糸材等、素晴らしい飼育用品の出現で快適で効果的な飼育環境が整ってきています。(目的に応じて、その他にも本当に優れものの飼育用品が満載です。)

これらを世に送り出していただいた方々に感謝しつつ、今後も飼育を楽しみたいと思っています。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -