2031864
オオクワガタに魅せられて
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

残念!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/07/19(Thu) 01:00 No.6882 ホームページ   

オオクワガタ愛好家のみなさん、こんばんは。
今晩もイベント用に、菌糸ビン1100ccに入れた20g台前半の表記をした個体の割り出しを行なっていました。

22gでも♂75mmのカッコイイ個体が出てきて、顔が緩んでいたのですが、その流れの中で同じく22g表記の個体を割り出して蛹室の中を覗いた途端、大アゴが無いので驚きました。

そう、♀だと分かったからです。
いよいよ、60mmの個体の登場か!!!!!
と思って取り出して手のひらに乗せた途端に、余りの大きさにビックリたまげてしまいました。

画像は、後日、大歯型の♂と一緒に掲示板に登場させますが
サイズは凄いものの、お尻の一部が収まっていません。

例のごとく、我が家の御意見番にすぐさま見せに行くと、
「それ、カブトムシとちゃうん???」という返事でした。

週末のイベントに備えて 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/07/17(Tue) 21:36 No.6881 ホームページ   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
私は今、週末の盆踊り大会・模擬店に備えて、
普通種のクワガタを集めています。
昔は、自己採集個体が中心だったのですが、
段々と、野外採集で採れなくなってしまいました。
そんな時に出逢ったのが宮崎と奄美の愛好家の方でした。
そして、オークション等で懇意になった北海道と東京の方、
そして勿論、25年来、ずっとお付き合いさせていただいている能勢の川口さんのお蔭で、今年も開催できそうです。

そして、昨年より、ヒラタクワガタをご提供していただける方が加わっていただけました。
昨日、初めてお会いして、京都産のヒラタクワガタ約250匹を分けていただいたのですが、その他にもコクワガタ、ノコギリ、ミヤマ、カブトも混じっており、本当に小さなカブトムシとミヤマクワガタを手のひらに乗せて眺めていると、何故か涙が出てくるほど、感動しました。
きっと、幼い日に、いつも一人ボッチで大文字山にクワガタを採りに行って、そこで見つけて採集したクワガタムシ、カブトムシが唯一、私にとって心休まる友達だったのでしょう。

確かにミヤマをはじめビックリするような大型個体には、感動もしましたが、何故かネブトを筆頭に小さなクワガタ、そして大きくなる種類でも小型の個体に特別な愛着を感じていたのかもしれません。

その個体自身には、成虫なので失礼かもしれませんが、特にミヤマ、ヒラタの小型個体には特別の愛着を感じていました。
勿論、オオクワガタの小型個体にも、そして、昨日、手にしたミヤマ、カブトの小型個体には、いまだに愛着を感じています。

さて、話が逸れましたが、今週末の土曜日の盆踊り大会・模擬店への出品個体を以下に記します。

・カブトムシ    → 50ペアー〜
・ミヤマクワガタ  → 50ペアー〜
・ノコギリクワガタ → 50ペアー〜
・ヒラタクワガタ  → 50ペアー〜
・コクワガタ    → 50ペアー〜
・スジブトヒラタ  → 20ペアー〜
・アマミノコギリ  → 20ペアー〜
・オオクワガタ   → 20ペアー〜

一部の展示個体以外は、子供向けのお小遣い程度の価格で販売しますので、良かったら覗きに来て下さいネ。
訳アリ個体は、募金箱をご用意しますので、好きな金額を入れて持ち帰って下さい。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

なお、翌日のUSJオフィシャル・ホテルの近鉄ホテル内での「カラーズ様主催のイベント」には、上記普通種個体に加えて、勿論、オオクワガタ主体に、今年の新成虫、菌糸ビン入り最高血統の初2令幼虫も持参します。

詳細は、掲示板にて、改めてコメントさせていただきます。

今年の異変???? 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/07/15(Sun) 00:07 No.6875 ホームページ   
オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
最近は、気象も社会も何か変です。
九州地方の方は、豪雨で本当に大変ですネ。
中々、その立場に立たないと本当のところは解りませんが、
心よりお見舞い申し上げます。

また、大津市の「イジメ」の件、毎日のように新聞、テレビで取り上げられていますが、心が痛いです。
過熱報道も好ましくないですが、教師、教育委員会に対しては怒りを通り越してしまいます。
言い訳をしていた教育委員会のお偉い方々の顔の事を「厚顔無恥(!?)」と呼ぶに相応しいと心底、思いました。
このような人達が教育の現場に携わっているかと思うだけで、ゾッとしますが、これが現状です。
僭越ながら、私に言わせてもらえば、教育現場のみならず、人間社会に「イジメが無い!!」という前提に立って考えている所に、そもそも間違いがあります。
どうして「イジメがある!!」という前提に立って考えないのでしょうか?
そうしないと、いつまでたっても、堂々巡りです。

私も、友人・知人に教育委員会の方がおられるため、あまり過激な事は言えませんが、昔、京都で映画「パッチギ」の時代を過ごしていた頃、○○党が強かった時代に「全人教育」を強く推進していた京都市の教育委員会のお偉さんの子供に限って、公立の学校には通わず、私立に通っていました。
「自分が一番大切。」当たり前の事ですネ。
人間の本性など善悪を超えて、本当に解りやすいものです。
群れたがり。
ヒトがヒトをイジメる時は必ず相手は集団です。
私が、集団を嫌う所以です。

ただ誰しも時として神様、仏様の心が宿る瞬間があります。
だからこそ、ヒトは捨てがたい存在なのですが…。
特に、ヒトを好きになると、その想いは特別です。

余計な話をしてしまいました。
さて本題ですが、異変(?)の内容とは今年の我が家のオオクワガタの♀で体重が20gを超える個体が激増しました。
一昔前だと、考えられない数値です。
1回目の菌糸ビン交換で♂♀の判断がつかない個体は、原則として1100ccの菌糸ビンに投入するのですが、
今年は、ビックリするような結果が出ています。
遂に60mmの♀が出現しましたが、残念ながらこの個体はお尻の羽が割れていて愕然としました。
が...、その太さにはビックリたまげました。
昔、いや今でも60mmの♀は信じられない数値ですが、残りの菌糸ビンから完品の60mmが出てきそうな予感です。
勿論、昨年より私は♂ですらギネスには全く興味が無くなりましたので、ギネスに応募する気はサラサラありませんが。
近年、菌糸ビン飼育は♂の生育もスゴイですが、ある意味では、♀の生育の方がスゴク感じる今日この頃です。

何れにせよ、長さだけではなく、トータルの体躯の形状を考えても、国産オオクワガタの中では、ゴールド系統が最高だと改めて感じ入っている今日この頃です。
本当に親バカですネ。


Re: 今年の異変???? - taka3 2012/07/15(Sun) 21:56 No.6878
ケンケン様 皆様 こんばんは。

ケンケン様も仰るとおり今年は大変な異変が多い気がします。その中でも気象における異変は尋常でないですよね。
まさにマヤの予言が?と言うことをよく思ったりしていますがそれに近づいてる感じです。
今、現在海外におりますが、雨季のはずがかんかん照りであったり、スコールでなく一日中雨が降っていたりと
おかしいです。地球規模でなんか変わっているようです。
いじめについては昔の先生が凄く怖いと感じた時代にもあったのでしょうか?今は単に教師が弱くて何も出来ない時代
になり生徒が好きなことをするようになった気がしますね。それだけ裕福になり自由を主張しすぎた結果
かもしれません。昔の貧乏なときならそんなことする暇もなかったと思います。

それをさておき、♀の方の異変は良い意味で凄いことですね。
今まで私にとっては15gですら考えられない数字でしたがゴールド系統で今年初めて18gを超えました。
それが今や20g以上のの60mm個体となると化け物です。私も先日、55mmの銭亀を見せていただきましたが本当に太いごつい個体でした。我が家にもそのレベルは数頭いますが60mmはとんでもないです。
やはり同じ土俵で並べて見たときに美形にしても大きさにしても優劣が出るのだと思います。
是非とも60mm以上の完品羽化を達成してください。期待しております。


カラーズ出店!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/07/09(Mon) 22:14 No.6870 ホームページ   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
今日は、夏休み(?)のイベントのお知らせです。

「BE−KUWA」44号の広告にもありますように
7月22日(日)大阪のUSJのオフィシャルホテルの一つ
「近鉄ホテル」内にて、カラーズ様主催の昆虫展が開催され
今年は、私も「MGインセクト」として出店する予定です。

オオクワガタが中心となりますが、ホペイも含めて、
展示個体も含めて、相当数を持参する予定ですので
ご興味のある方は是非、USJの行き帰りも含めて是非、
お立ち寄り下さい。

前日が地域の盆踊りでの模擬店ですので普通種のクワガタも
お子様には見ていただけると思います。
森田ブランド「これぞ80mmのオオクワガタ!!」も、
70mm台後半の魅力溢れる個体も販売しますので、
お楽しみに!!
実際、手に取って見て、納得してご購入していただける
数少ない機会です。
勿論、森田ブランド80mmオーバーをご覧になりたい方は
是非、お越し下さい。

詳細をご覧になりたい方は、Yahoo検索で
「カラーズ昆虫」で調べてみて下さいネ。

「BE−KUWA」44号発売!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/07/06(Fri) 23:39 No.6862 ホームページ   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
お元気ですか?
いよいよ、「BE−KUWA」44号の発売ですネ。

今回の私の記事は、今年の本命個体が羽化していない状況で
新緑の能勢の自然を掲載してもらいました。
この素晴らしい自然の中で、今夏、どのようなドラマが
生まれるのか、本当に楽しみです。
少し寂しいお知らせも掲載されていますが、
皆さんの熱意によって是非、むし社の決定を覆して下さい。

我が家の本命個体の掲載は次号となりますが、
本当に「コロン」とした80mmオーバーが目白押しです。
どうぞ、お楽しみに!!

さて、今日の大阪地方は、私の心を表わすように(?!)
夜は嵐のような雷の音が鳴り響いていました。

実は、私のチョットした油断で、我が家のベスト3個体が
一昨日の夜から、脱走してしまったのです。

bR個体は、先程、ムシ部屋から遠く離れた息子の部屋で
何故か床を這っているのを見つけました。
「オオクワガタが脱走している!!!」という息子の声で
飛んでいくと、カーペットの上を、悠々と歩いていました。
他に幾らでも隠れる場所があるにもかかわらず、
どうやって、この場所に辿り着いたかは不明です。

実は昨年も何頭か脱走され、bQ個体が未だ行方不明です。
その時も、当時は次女の部屋だった同じ場所で
他の個体が見つかりました。
昔は、狭い部屋の中で密閉されていたため、
探し出すのは、それほど困難では無かったのですが、
今は余りにも個体数が多く、我が家で最も広い12畳プラス
ウオーク・イン・クローゼット付きの部屋で飼育しており
現在は幼虫と成虫の入った菌糸ビンで足の踏み場が無く、
捜索が困難を極めています。

何とか、生きたまま捕獲(?)できる事を祈っています。


Re: 「BE−KUWA」44号発売!! - 0090 2012/07/07(Sat) 18:02 No.6863
ケンケン 様

お久ぶりです。

今回の記事を読んで下記の文面が気になりました。

「少し寂しいお知らせも掲載されていますが、
皆さんの熱意によって是非、むし社の決定を覆して下さい。」


これってもしかして次回のギネスの事ですか?

審査をあまくするみたいな???となると限りなく黒に近いグレーの個体でも今までのより大きければギネス認定になる。

今回の件がこの事を言っているのなら、私からも一言。

今月発売のBEーKUWAの美形コンテストですが、上位の個体を見てビックリ!!!何がって?あれが美形???
見る限りワイルドみたいな、チョッと今までとは違い面白くない。ワイルドと言ってもスギちゃんじゃないですよ。
私は審査会場にいた事はありませんが、どうしても審査をする方の好みになる???ギネスの審査が色んな人を入れて審査をしていたなら、美形コンテストも一般の人3〜5人くらい入れて審査をして頂きたいものですね。

まあケンケン様に愚痴ても仕方の無いことですが。



Re: 「BE−KUWA」44号発売!! - ケンケン 2012/07/07(Sat) 19:12 No.6864 ホームページ

0090さん、オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
残念なお知らせとは、今回をもって「美形コンテスト」「ホペイコンテスト」が終了することです。
私も思い入れがあるため、色々と尽力してきましたが、
今回の応募数を見ると、「今回が最後だな」と悟った上で
最終審査に臨みました。
今回の応募数では、0090さんのおっしゃる以前の問題で
好みの個体を見つける事すら出来ませんでした。

個人的には、スポンサーを見つけて、優勝賞金○○○○万円争奪「これぞ究極のオオクワガタ選手権大会(?!)」を開催できれば、本当に魅力的なオオクワガタが集まる気がします。
将来的には、むし社さんの枠も、国産の枠も取っ払って、
是非、開催してみたいものです。

語弊を承知で申し上げれば、私は現状では既に○○社認定の「国産(?!)」ギネスには全く興味はありません。
ただ、美しさと迫力を追及した結果、それがギネスサイズを超えていたら、素晴らしいと思います。
川西産を飼育していて感じるのですが、他系統を実験的に飼育すると80mmオーバーは簡単に出てくるのですが、
川西産は、何故か未だに80mmオーバーは壁があります。

それだけに、80mmオーバーの個体を羽化させた歓びは大きく、また83mmオーバーの迫力は別格です。

「オオクワガタに魅せられて」がミリオンセラーになった暁には、この印税(!?)で、賞金総額○○○○万円、ノーベル賞ならぬ「森田杯・オオクワ・コンテスト」を開催したいと思います。

乞う御期待下さい!!


Re: 「BE−KUWA」44号発売!! - 0090 2012/07/07(Sat) 19:39 No.6865
ケンケン様

何と言う事、美形コンテストがなくなる〜〜〜〜〜〜

どう言う事ですか??我々はどの様にむし社に対してアクションを起せば良いのですか?署名運動???

私はこのコンテストに命は掛けませんが目標にしていたのに。

このあと何を目標にすれば・・・・


Re: 「BE−KUWA」44号発売!! - 0090 2012/07/07(Sat) 19:43 No.6866
ケンケン様

脱走虫を捕獲するには、一番素敵な♀を虫籠に入れそのそばにゼリーを置き、そしてその虫籠に料金表を貼るのです。
明瞭会計が基本です。

90分35000円と。何度でも抜けますと。これで寄ってこない♀はいないでしょう。


Re: 「BE−KUWA」44号発売!! - 0090 2012/07/07(Sat) 19:45 No.6867
訂正です。

これで寄ってこない♀はいないでしょう。


♂の間違えです。

最近訂正が出来ないのです。なぜ???私が下手???


Re: 「BE−KUWA」44号発売!! - taka3 2012/07/08(Sun) 11:19 No.6868
ケンケン様、皆様、おはようございます。

先日、ドルビーさんのところで見せいただいたホペイは2.4位でしたね。しかし、小さいながら
凄まじいポテンシャルを秘めた個体でした。コンテストへの応募数の減少はやはり今の景気を反映していますね。
何とか違う形ででも継続して頂きたいところです。


Re: 「BE−KUWA」44号発売!! - ケンケン 2012/07/08(Sun) 12:07 No.6869 ホームページ

taka3さん、オオクワガタ愛好家の皆様、こんにちは。
今回の案件は、まさに世相を反映していますネ。
直接のキッカケは、勿論、応募総数の減少ですが、
「美形(?!)」という概念は、やはり非常に曖昧で、
十人十色、好みがあるため、審査員に評価される対象にされたくない方々も多いことでしょう。
「自分の個体が、一番、カッコイイ!!!」
これが、本音だと思います。
勿論、私もそうですので。

ただ、打ち切りを最終決定した主催者側の本音の部分は、少し違ったところにあるように思えて仕方がありません。
まあ、これについては、ボチボチ見えてくることでしょう。
表向きは「継続してほしい!!という人達に限って、応募はしてくれない。」ということらしいですが。

何れにせよ、オオクワガタの魅力は「大きさだけではなく、その形状にもありますヨ!!」「大きさは、全てを凌駕する、という一面は存在するものの、オオクワガタの姿形には、大きさ以前に、芸術作品とう名に相応しい形状の個体が存在しますヨ!!」という私の叫びを取り上げてくれたのが、1999年当時のむし社さんであり、この気持ちを後押ししてくれたのが、オオクワガタ愛好家の皆さんでした。

そういった意味では、10年以上も継続したこと自体が奇跡的な事柄かもしれません。
この場をお借りして、皆さんに心より感謝申し上げます。

今は非常に寂しい思いで一杯ですが、オオクワガタの形状に心ときめいた、いえ今でも心ときめく真の愛好家の方々は少なからずおられると思います。

昨今、万人に解りやすい基準の存在する「サイズ至上主義」に偏った感がありますが、今回の美形コンテストの応募個体の中にも、最終審査で、心くすぐる個体がありました。

そして、ホペイ・コンテストの応募個体の中には、最終審査で、このまま手の中に握って(?!)持って帰ろうかと思った素晴らしい魅力溢れる個体が複数存在しました。
これらのホペイのサイズは、高々、74mmです。
勿論、これらの個体が、このままの形状で75mmを超え、
80mmを超えれば、それは素晴らしいと思います。

ただ現状でも、これらのホペイの形状は、かつての国産ギネス個体の画像を見た時には全く沸き上って来なかったような
「心ときめく」形状であったことを最後に申し上げます。

好みの問題があるとはいえ、今回のホペコンの優勝個体をはじめ複数の個体において、むし社の飯島氏のコメントにもあるように「是非、実物を見てもらいたい!!」と思うような素晴らしい70mm台前半のオオクワガタが現存します。

未だ十分には「市民権(?!)」を得ていないジャンルの個体にも、そして勿論「純国産オオクワガタ」の中にも、このように万人の心を捉えて離さないような魅力溢れる個体が、きっと存在する事でしょう。
何とかして、このような個体を一同に愛好家の前で公開できるような「コンテスト」を、たとえ4年に1回でも結構ですので、開催したいと思います。
ムシ・ブームが最高潮に達した時に、審査員の方からむし社さんにお願いしてスポンサーを探し、中野プラザを会場として、全国からオオクワガタを持ち寄り、盛大に「オオクワ・コンテスト」を開催して欲しい旨を伝えた事がありました。
あの時の勢いを持って、本気で考えて行動に移していれば、このようなイベントも実現したかもしれません。
それが、少し心残りで、残念です。

私も、今後、皆さんの前から一旦、姿を消すかもしれませんが、たとえそのような状況下でも、水面下では再び、真の愛好家に心から感動を与えるような個体を追及していきたいと思っています。
そして、その延長線上に、もし、90mmに届くような超特大のオオクワガタが現れるとすれば、それは本当に素晴らしいことだと思います。

一言で、「感動を与える」という言葉を安易に使いたくありませんが、私が思うに、オオクワガタには「ヒトに感動を与えるに十分な魅力(魔力?)」が備わっていると思います。
これを実証するような個体を、今後も、私なりに追い求めて
オオクワガタの普及活動に尽力していきたいと思います。

水面下であろうと無かろうと、オオクワガタの中に「男の美学(!!)」を見出した私としては、一生をかけてでも理想のオオクワガタ像を追い求めていくと思いますので、今後とも、宜しくお願い致します。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -