2031868
オオクワガタに魅せられて
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

嬉しいお便り・パート1 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/05/31(Thu) 00:28 No.6821 ホームページ   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
我が家もそろそろ本年度の期待の個体が羽化し始めていますが、本命個体は3200ccのブナ菌糸ビンに入れたため、
外から見えずに、取り出すタイミングに苦慮しています。
安全を期して、8月に入ってから取り出す予定ですが、
私好みの78mmmmクラスはボチボチ出てきています。

そんな状況の中、早めに羽化した個体につき、嬉しいお便りが届き始めました。
一部、抜粋してご紹介しますネ。

『宮城県○○です。ゴールデンウィーク中に羽化した個体です。待ちきれず掘り出しました。最終36cでした。サイズは82.6です。80ミリ前後の個体とはオーラがちがいます。メスも54ミリが二頭羽化しています。種親が76・5ですから大当たりです。まだ38cだった蛹がいます...。素晴らしいペアを選んでいただき本当にありがとうございました。これからも日々勉強していきます。』

我が家では、最近、菌糸ビン1本がえし、2本がえしの実験を行っていますが、このように親が超大型サイズでなくても、子供が80mmを余裕で超える個体が羽化するケースが多くなっています。
今年あたり、割りカスの中から自然発生した「小歯型」の♂と、30mm前後の♀を掛け合わせたペアーから♂80mmを狙ってみたいと思っています。

もう一人、ご紹介しますネ。

『深夜に失礼致します。
初期のゴ−ルドから二頭目の80オ−バ−が誕生しました。
種親は74、44でしたのでこれまたビックリです。
驚いたのは、サイズよりもその形状でして
生体購入の際にいただくA4版コピ−そのものなのです。
G82系統で79oにも同じようなものが出ておりますが
当個体は非の打ちどころがありません。
感謝感激で眠れそうにないです。』

このようなお便りを頂戴すると、私自身も本当に嬉しくなってしまいます。
歓んでいただけると、私も本当に幸せな気持ちになれます。

また、皆様からのお便り、お待ちしています。

♂85、♀58の割り出し!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/05/29(Tue) 00:32 No.6819 ホームページ   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
やっと、「BE−KUWA」次号の原稿も提出し、
オオクワ・ルームを観察すると、...いました、いました、
今年最高のペアーの産卵ケースの壁面に初令幼虫が。
6月1日にMGブナの800ccとエノキ800ccが
50本ずつ届きますので、1頭1頭交互に入れる予定です。

ご予約いただいた方々、お待たせしました。
6月11日以降、順次、食痕の明瞭に出た個体から
発送させていただく予定です。
一体、何頭の幼虫が採れるか、今から楽しみです。
今回、お譲りする幼虫は、採れた幼虫の数の4分の1です。
どうか、ご了承下さい。
(4分の1は3令幼虫ペアーでお譲りする予定です。
そして半分が私自身の飼育個体です。)
ちなみに、♀58mmは既に産卵ケースから取り出し、
エサをタップリと与えて休息させています。
また、6月中旬には、再び産卵セットに入れる予定です。

♂85mm×♀57mmの幼虫は、
昨日、菌糸ビンに投入完了しました。
こちらは、ビックリするほど沢山、幼虫が採れましたが、
それでも合計60頭。
お譲り出来るのは、最大15頭です。
そう思うと少ないような気もします。

♂85mmは今年は5頭の♀と掛け合わせていますので、
上手くいけば、10〜20人の方々にお譲り出来そうです。
本系統は、オークションには出品する予定はありませんので
ご希望の方は、私信にて御一報下さい。
お待ちしています。

オークションには出しませんが、プレゼントは致します。
♂になるか♀になるかわかりませんが、
1頭プレゼントをビークワ次号の発売の頃行なう予定です。
多分、5〜10名様の予定です。
お楽しみに!!

本年度最初の採集 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/05/27(Sun) 02:08 No.6817 ホームページ   
オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
いよいよ、採集の季節の到来ですネ。
今年の我が家は、家庭の事情で、採集・飼育どころではなくなってしまったのですが、とにかくビークワの原稿だけ提出して、仕事以外は介護の毎日です。

そんな仕事の帰り、やはり、「あの木はどうなっているかな?」と、どうしても気になるクヌギの樹洞があって、夕方、寸時を惜しんで速攻で見に行って来ました。

車を止めて歩くこと約10分、懐中電灯で照らすと、いましたいました。
大型のコクワガタが。
普段ですと、何が中にいるのか見えない状態で手を入れるのはムカデが怖くて、素手で樹洞に手を突っ込む事は無いのですが、見つけた瞬間に反射的に右手でコクワガタを捕まえていました。
今年の初ゲット!!
まだ、ノコギリも、ミヤマもヒラタも見つけられませんでしたが、コクワガタと言えども、嬉しくて右手に握りしめて車まで帰ってきました。

間もなく、能勢ではヒラタの季節です。
最近は、目ぼしい樹皮がことごとく剥がされていて、簡単に60mmオーバーのヒラタを見つける事が困難になりましたが、時間を見つけて能勢通いしたいと思っています。

また、皆さんの最終報告をお待ちしています。

幼虫の割り出し!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/05/19(Sat) 23:49 No.6812 ホームページ   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
4月上旬に産卵セットしたケースに幼虫がコンニチハし始めて約2週間が過ぎましたので、急遽、菌糸ビンを調達して、明日から初令幼虫の割り出し開始です。
本命の♂85mmは♀5頭とペアリングしましたが、5ケース共に幼虫を確認済です。
今年は、ホペイは3セットのみ、昨年、年内に羽化した小型個体で8月以降、もう一度、繁殖予定です。
そして、国産オオクワガタは全部で52セット。
一体、何頭の幼虫が採れるかわかりませんが、幼虫でお譲りするのは今年限りで、来年からは全て自分で飼育する予定です。
オオクワガタは、これからも進化(?!)していくと思いますが、私自身は、今年のペアリング個体は85mmを筆頭に、♂80mmオーバー、♀53mmオーバーのペアーはサイズはもとより、形状は過去最高だと思っています。
今年羽化する個体も、年内羽化の78mmクラスを見ていると本当に期待が膨らみます。
ただ、本命個体の殆どを3200ccに入れたため、外から見る事が出来ずに非常に残念ですが、最大体重の個体は、直径で蛹室を作っている最中で、毎日、見てはいけないと思いつつ、ペンライトで観察しています。
おそらく、羽化するのは7月末〜8月になりそうですが、割り出しは、かつてのニジイロペットハウス様で行なったように、むし社の土屋さんを招いて「公開割り出し」を行ないたいと思っています。

明日からの、初令幼虫の割り出しが本当に楽しみです。

Re: 幼虫の割り出し!! - ジョニー 2012/05/20(Sun) 14:13 No.6813
ケンケン様、皆様、こんにちは。

>幼虫でお譲りするのは今年限りで、来年からは全て自分で飼育する予定です。

ホントですか?いままでなんどとなくだまされてきた気が・・・(笑)

今年は種親も最大級のようですので、またオークションを楽しみにしています。


新緑の能勢の里山 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/05/19(Sat) 23:22 No.6811 ホームページ   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
今日は、久しぶりに兵庫県川西市西多田、ゴールドの故郷を訪れました。
最近は、夏の夜間採集も時間と体力の消耗を最小限にして、
車から降りて、徒歩5分圏内を中心に採集していましたが
今日は久しぶりに昼間に山の頂上付近まで散策して
ジックリと歩いて、台場クヌギの状況を観察して来ました。
場所によっては、約5年ぶりに行った所もありました。
私の連れ(○○?!)はジーパンに長袖、長靴姿でしたが
私は、ノータイながらスーツ姿で釣り用の長靴だけ履いた
余りにも滑稽な姿でした。
勿論、帰宅と同時にスーツはクリーニング屋さんに直行でした。
残念ながら、まだ、樹液は出ておらず、コクワすら発見できませんでしたが、辺りの景色は本当に美しく、新緑の緑と青空とのコントラストは最高でした。
そして、山(尾根)の頂上から見渡した能勢の景観を見て、
息を切らして登って来た疲れはいっぺんに吹き飛びました。
想い出の台場クヌギも、数年見なかった間に状況が一変し、
根こそぎ無くなったモノ、切り株だけ残ったモノもあり、とても寂しい気持ちになりましたが、未だ健在の御神木もあり
6月には是非、採集に来たいと思いました。
私は、オオクワガタが特異的に好きですが、能勢の里山に行くと、本当に好きなのは、ひょっとしたら樹液の出たクヌギの木が存在する自然そのものが好きなのだと思うことがあります。
幼い頃から、雑木林を見ると、樹皮からクヌギの木を特異的に探していましたので。
30歳直前までは、台場クヌギを知らなかったのですが、普通のクヌギの大木ですら、樹液の香りを嗅いで感動していた私は、初めて台場クヌギを見て圧倒されました。
こんなに素晴らしい自然が存在するのかと。
この感動は、とても言葉で言い表すことはできません。
一生の間に、このような樹木、自然と巡り会えたことを、今はただ、心から感謝しています。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -