2031866
オオクワガタに魅せられて
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

今週のオークション!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/04/13(Fri) 23:54 No.6735 ホームページ   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
いつの間にか、桜も満開の時期を迎え、
雨と共に、桜吹雪から葉桜へと変化しています。
時の移りやすさが身に凍みます。

さて、今年のブリードは既にスタートされましたか?
私は、60cmのガラス水槽に木の洞を入れて、
ペアリングをしています。
時折かつてのように真夜中のブリーディング・ルームに通い
観察するのが唯一の(?)楽しみです。
イヤー、いいですネ。
○○の愛の営みを覗き見るのは(?!)。

さて、今年は2頭の85mmと♀57mmのペアーが中心なのですが、
その他にも、有力なタネ親候補が少なからず存在します。
私は、サイズも優先しますが、
菌糸ビン1本がえしで羽化した小型個体からも
美しく、かつ80mmオーバーの大型個体が羽化する事実を知っているため、サイズにかかわらず、形状にとことんこだわってタネ親を選んでいます。

その中で、一番の「お気に入り」ペアーを今回、オークションにて出品してみました。

あくまで画像を見ての話しかできませんが、ご覧になったご感想をお知らせ下さい。

個人的には、♂82mmは過去の「美形コンテスト」で優勝したどの個体より、手にした時の存在感(美しさ・カッコ良さ)は群を抜いて魅力的です。
親バカかなあ?????

率直なご感想、お待ちしていますネ。


Re: 今週のオークション!! - taka3 2012/04/14(Sat) 01:28 No.6736
ケンケン様、皆様、こんばんは。

率直な意見としましては、この大きさでこの大顎の形状と言いGゴールド82系統の大顎が
少し長めに広がって伸びた形を継承しつつ、更にサイズアップしているところが凄いと思っております。
私のところでも今年70mmと小柄ながらDゴールド80系統とは明らかに大顎がカッコ良かった
Gゴールド82系統の親から54mm↑の♀が羽化しております。正に潜在能力は大変素晴らしいです。
♂も80mm前後となりますが近々羽化してくると思いますしその形状は楽しみで仕方ありません。
纏めるなら親を超えていく系統と言ったところでしょうか。


お知らせ!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/04/04(Wed) 00:29 No.6698 ホームページ   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
本日は、イベント出店のお知らせです。

来る4月15日(日)、神戸の「産業振興センター」で
「BLACK OUT!」に参加予定です。
おそらく、神戸でのイベントは初めてだと思います。

約10年前、個人的には「オオクワガタ飼育のすべて」が発刊された時トークショーで2日間にわたって神戸市内の2カ所でイベントを行なった記憶がありますが、それ以来です。

「BE−KUWA」最新号が届いていると思いますので、安価な個体と一緒に持参する予定です。

関西地区にお住いの方は、是非、お越し下さいネ。

詳細は、また改めて本掲示板にてお知らせします。
掘り出し個体(?!)も持参する予定です。
お楽しみに!!

Re: お知らせ!! - taka3 2012/04/09(Mon) 21:21 No.6713
ケンケン様、皆様、こんばんは。

今回は近くでもあり参加したかったのですが海外出張で残念ながらいけません。
次回関西であれば是非参加したいものです。。


Re: お知らせ!! - キヌタ 2012/04/09(Mon) 22:44 No.6714
ケンケン様、皆様、こんばんは。

自分の住んでいる所は遠い遠い山の中ですので、参加したくてもできません(TT)

近くに住んでいれば参加してケンケン様にお会いできるのに非常に残念です。


Re: お知らせ!! - ケンケン 2012/04/10(Tue) 23:59 No.6718

taka3さん、キヌタさん、こんばんは。
お会いできなくて残念ですネ。
「オオクワガタに魅せられて」の新書版が発売された時には、是非、サイン会(?)にお越し下さい。

今回は、○○YG系統、久留米産、ゴールド85系統の♂各々82mmを展示・販売する予定です。
見比べると形状の違いが歴然(!?)とするでしょう。

その他は、500円均一、1000円均一コーナー(またはクジ)を行なう予定です。
個体は、ゴールド、ホペイ、奄美ノコギリ、スジブトヒラタを持参する予定です。

♂82mmと大型♀以外は全て1000円以下ですので、
お気軽に覗いて見て下さいネ。

勿論、「BE−KUWA」最新号、「オオクワガタ飼育のすべて」もサイン入りで(現地でサインします)販売する予定です。
どうぞ、お楽しみに!!


哲学の道 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/04/10(Tue) 22:35 No.6717   
オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
今年の哲学の道沿いの桜並木です。
今年は、寒かったせいか、まだ満開ではありませんでした。
桜の花は、やはり散り際が一番風情がありますネ。
疎水の水面が一面、桜の花びらで覆われます。
桜吹雪といえば遠山の金さんのトレードマークですが、
散り際の潔さを全身で感じる「桜吹雪」は格別です。
やはり、国花に相応しい花ですネ、桜の花は。
ツツジも新緑の葉とのコントラストが本当に美しいですが、
いつまでも花が付いているのが哀れです。
折角、人間として生まれてきた以上は、
オオクワガタのような人間へと成長して、
どうせ散るなら、桜の花のように散りたいものです。
先日、記しましたが、良寛和尚の辞世の句をもう一度。
『散る桜、残る桜も散る桜』





ヒトに感動を与えるオオクワガタ!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/04/08(Sun) 23:19 No.6710 ホームページ   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
今日は、今一度、原点に戻って、オオクワガタが自分自身に与えてくれた感動の体験を想い出しながら
少しオオクワガタの想い出を綴りたいと思います。

現在のオオクワガタの世界は、バブルの崩壊と共に
どこか活気を失い「目標(?)」も見失い、
単なるサイズ至上主義、そして一部の個性的な形状をした個体だけが脚光を浴びている状況のように思われます。

決して、それが悪いわけという訳ではなく、きっと私のように特異的にオオクワガタに魅せられた状況を、同じように追体験する機会が、現在の社会、自然環境の中では、非常に困難になったからなのでしょう。

オオクワガタの魅力は、確かにオオクワガタ自身にも存在しますが、やはりオオクワガタが自然に生息する環境と共に存在する、というのが真実でしょう。

私が、もし、一度だけ時計の針を戻せるとしたら、迷うことなく(本当は迷うのですが)1987年の6月、場所は兵庫県川西市湯山台、通称「みつ池」周辺、そして、そこから右手に広がる台場クヌギの雑木林へとワープすることでしょう。

そこには、オオクワガタが、ありのままの姿で存在しました。
尾根沿いの台場クヌギに登って、穴を覗き、あるいは樹皮下を覗けば、そこには必ずやオオクワガタが潜んでいました。

「みつ池」沿いのクヌギの樹液には、いたる所にオオクワガタの♀が蜜を吸いにやって来ていました。

このような、夢のような光景を、1987〜89年までは住宅地から、わずか徒歩5分の場所で目の当たりにする事ができました。

私が、幼い頃に出逢ったオオクワガタの幻をずっと追いかけ、夢にまで見た光景が、そこには現実に存在しました。

オオクワガタは確かに、個体だけ見ていても飽きないほど、カッコイイ形状の魅力溢れる個体が存在します。
今、我が家にも、そのような個体が少なからず存在します。

しかし、何か物足りなさを感じざるを得ません。
何故でしょうか???

そう、オオクワガタの魅力は、やはりオオクワガタが自然に生息する環境と一体となって、初めて存在するからです。

そして、オオクワガタ採集の醍醐味は、間違いなく夏の夜間採集にあります。
クヌギの樹液とは切っても切れない関係があるのです。

語弊を承知で言えば、材割り採集(は言語道断)、灯火採集などは、オオクワガタ採集においては、邪道中の邪道なのです。

それは、夏の夜間の樹液採集を経験したヒトなら、必ず解ってもらえると思います。

そして、その最も素朴な樹液採集が出来なくなった現状を、心の底から憂います。

材割り採集を行ない、自然を破壊した人達を幾ら呪っても、もう、あの頃の自然環境は戻ってきません。
それが、残念で残念で仕方ありません。

夏の樹液採集が出来ない今となっては、あの頃の感動を、経験した世代の人達が少しでもリアルに想い出を語ることにより、追体験してもらうよりほかありません。

私自身、1986年の晩夏に平山氏との出会いによってオオクワガタと再会し、オオクワガタ採集のメッカである能勢の三草山を知りました。

そして、幸運にも、当時、最も親しい親戚のお姉さんが新居を構えておられた場所が、「月刊むし」1986年7月号(オオクワガタ特集号)に紹介されたオオクワガタ採集ポイントのど真ん中だったのです。

そして、この偶然のお蔭で、オオクワガタ採集の最後の「黄金期」をわずか3年間だけとはいえ、幸運にも経験する事ができました。

出来ることなら、あの頃の自然を再現できるよう、子供の世代では無理でも、孫や、更に末代で是非、再現して欲しいと、切に願うばかりです。

しかし、それが実現できない今となっては、飼育によって、手に取って見て、心から感動するような個体を目指して、日々、オオクワガタの飼育を行なっていきたいと思います。

そして、一人でも多くの方々に、魅力溢れる個体をお届けして、少しずつでも感動の輪を広げていきたいと思います。

まさに、生息環境も含めて「オオクワガタに魅せられ」た人間の一人として、個体と共に、幼い頃からの実体験を綴って、単行本にて、その真の魅力に迫りたいと思います。

長いようで短い、そして短いようで結構長い人生を振り返った時、オオクワガタとの出逢いが切っても切れない想い出として心の大半を占めている私にしか書けない「何か」を、是非、皆さんにお届けしたいと思っています。

幼稚園時代に早くもオオクワガタと遭遇しオオクワガタに魅せられ、小学校時代は自宅から徒歩わずか3分の雑木林でオオクワガタを採集できた、これ以上望めないような恵まれた環境で育った人間の使命として、「オオクワガタに魅せられて」を書きたいと思っています。

諸々の事情により、出版の時期がズレ込んでしまいましたが、全面書き換えにより遅くなった分、少しでも魅力的な新書に仕上げたいと思っています。

乞うご期待下さい。

オオクワガタへの想い以外は、何の取り柄もない男の想い出話に過ぎませんが、ここまで特異的にオオクワガタに魅せられた理由を垣間見る事ができるかもしれません。

そのことによって、幼・少年時代に昆虫採集に夢中になれた世代の方々が、少しでも郷愁を感じていただければ、私が書いた意味もあるかもしれません。

そして、採集の経験が無くとも、オオクワガタの形状に少しでも魅力を感じていただけた方々には、今は無きオオクワガタが自然に生息していた魅力溢れる環境を少しでも知るキッカケとなれば、望外の幸せです。

何れにせよ、オオクワガタには、ヒトを幸せにしてくれる魅力(魔力?)が確かに存在します。

その歓びを一緒に共有しましょう。




Re: ヒトに感動を与えるオオクワガタ!! - OO9O 2012/04/09(Mon) 19:16 No.6712
ケンケン様、皆様
こんばんは。
私も採集は樹液採集が基本だと思っています。いるかな〜?どうかな〜?と言う、あのドキドキ、ワクワク感がたまらないのです。が、私の住んでいる所でもクヌギ林が伐採され住宅地にと変貌しつつ、とても悲しく感じています。

今の世代、おふくろの味と言う言葉がレトルト食品の袋物、お袋の味に変わったのと同様に、オオクワも樹液からゼリーなる物で育てられ、山で育つのではなく、瓶で育てる物に変わりこれで良いのかなーと思うこともあります。自然界でオオクワの住むところが減りつつ、=オオクワも減ったのか?
時たまいけない事と思いながらも、放虫でもしてオオクワを増やしても、なーんて考える時もあります。勿論してませんが。

でも漁業の方などは減少した魚を数年間捕らないようにして、例えば以前は秋田名物、はたはたを捕獲しないとか、更には、稚魚を育て放流するなど、増やす為に努力をしてます。
確かにオオクワは食品ではないので意味合いが違いますが、ふと思うときがあります。
これから先どうなってしまうのか?不安です。


プレゼント個体の発送 投稿者:ケンケン 投稿日:2012/04/08(Sun) 23:15 No.6709 ホームページ   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
大変、お待たせしました。
プレゼント・コーナーにご応募いただいた皆様方に
今週末から順次、プレゼント個体の発送を行う予定です。
お楽しみに。

また、使いづらい掲示板ですが、「編集」機能を駆使して
是非、書き込みにご参加下さいネ。
お待ちしています。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -