2031868
オオクワガタに魅せられて
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

はじめまして 投稿者:ピロピッピ 投稿日:2011/08/14(Sun) 17:19 No.5899   
ケンケン様、皆様はじめまして。
まだ高校生で、小規模ながらも、クワガタ飼育を満喫しております。
今日は、相談なのですが、6月上旬に1本目のビンに入れて、先週2本目に入れた個体(高温飼育のため劣化と食いが早かったので2ヶ月で交換しました。)の内、6gほどしかない♀の幼虫がいました。
その個体が、現在蛹化しそうなのですが、この重さで大丈夫なのでしょうか?
まだ自分自身未熟なので、今回は特に大きさにはこだわってないので、小さくてもいいのですが、こんなに早く蛹化してしまうことはあるのかなと驚いています。
アドバイスよろしくお願いいたします。

Re: はじめまして - 4830 2011/08/14(Sun) 21:06 No.5900
ケンケン様、ピロピッピ様、皆様こんばんは、高温での飼育は、前蛹、蛹化のリスクが高くなりますね。6グラムでも羽化には問題ないと思いますが、25度以上での羽化は羽化不全のリスクも高くなります。少しでも涼しい部屋や床下、水を張った容器にボトルがひっくり返らないようにつけるなどといった方法での温度管理が必要ですね。(まだまだ暑いので)2本目のボトル交換もボトルを少し冷やして交換する方がよいと思います。

Re: はじめまして - ピロピッピ 2011/08/14(Sun) 22:08 No.5901
4830様、お返事ありがとうございます。
一応、簡易保冷室で保冷剤を交換しながらという飼育ですが、帰宅したときに28度になってしまいます。今後はもう少し冷やせるよう工夫していきたいです。
もう1つ質問なのですが、その個体の蛹室周辺の菌糸が交換から1週間なのに劣化していますし、底部に作っています。以前、底部につくると湿度が高くなるので、ひっくり返した方がいいと聞いたことがありますが、前蛹で動かしては危険じゃないでしょうか?あまり経験がなく、過去はこんなことにならなかったもので、心配ですので度々ですが、よろしくお願いいたします。


Re: はじめまして - 4830 2011/08/14(Sun) 22:52 No.5902
ケンケン様、ピロピッピ様、皆様こんばんは、他のまだ蛹化のスイッチが入っていない幼虫は、もう少し温度が低い方がよいかもしれませんが、前蛹になっている個体は、それくらいの温度でも大丈夫だと思います。今月末に蛹化、10月に入って涼しくなる頃に羽化。前蛹の時は、動かさない方がよいと思います。蛹になって1週間くらいたって固まったら少しずつ回転させればよいと思います。ボトルの底に幼虫が゜ひっついているなら羽化時に羽がひっついたりして羽化不全の可能性もありますが、そうでなければ瓶底でも大丈夫だと思います。蛹室の周りは少し劣化しますが、劣化がひどい場合は、幼虫に異常があるかもしれませんね。たぶん大丈夫だと思いますが、

Re: はじめまして - ピロピッピ 2011/08/15(Mon) 00:18 No.5903
4830様、的確なご指導ありがとうございました。
無事にいってほしいものです。
また宜しくお願いします。


Re: はじめまして - 黒子 2011/08/15(Mon) 06:29 No.5904
ケンケン様、皆様
お早う御座います。

瓶底に蛹室、気になりますよね。私の場合瓶底に蛹室を作られたら、少しでも菌床があればそのまま行きますが、まったく瓶底に作ったら蛹の状態を見て瓶をひっくり返すか、ただこの時注意をしないといけないのは、必ず頭の方が高くなるように。または掘り出して人工蛹室に移します。理由は
ビンの底が直接、蛹室底面となってしまうと蛹の形成不全につながります。
本来ならば幼虫が自分の糞で作った蛹室を瓶底での蛹化は本来の蛹室底面としてのクッションや排泄物の吸収等の機能はなくなってしまいます。
特に蛹化する時問題になるのがクッションとしての機能であると思います。
幼虫は脱皮する時に動きながら脱皮、蛹化するのですが、この時、仰向けの状態により行われます。
瓶底に直接体が触れていては脱皮が上手に行うことができない事も多いです。
もし正常に脱皮が出来たとしても今度は、蛹内部の形成時点で小楯板に蛹全体の重みが全部かかってしまう事により形成不全が発生すると思われます。ただ今回は6gとそんなに重くないので大丈夫かな??25gとか30gあるとまずいですが。
本来蛹室は底面も平たく作られてはいないはずだと私は思っています。よーく見ると頭の方が高くなるように蛹室は作られているはずです。更に底面は平らではなく丸みがあります。

心配でしたら蛹が茶色くなったら人工蛹室にチョッとリッチに行きたかったら豪華洋室に移してあげて下さい。




Re: はじめまして - かず 2011/08/15(Mon) 12:20 No.5906
ケンケン様、皆様、こんにちは。

久しぶりの書き込みです。

我が家も6月に菌糸ビン投入すると、この時期に蛹室を作る幼虫が出てきますが(常温管理なので仕方ない?)、無事羽化しています。
サイズは期待できないですが・・・。

ビンの底で蛹室を作り出すと心配になりますね。
我が家の場合、ビンの底から蛹室が見える部分が全体の1/3程度ならそのままにしています。
半分以上ですと、発見が早ければビンをひっくり返しますが、蛹になる直前ならビンを少し傾けています。
ビンの底に蛹室があると、羽化の際に出てくる体液?が蛹室内に溜まることがあります。
体液が蛹室に溜まると、羽がビンにくっつく可能性が高くなり、最悪の場合、上手く羽をたたむ事ができずに羽化不全を起こすことがあると近所のショップの人から聞きました。
このため、我が家では、ビンの底から蛹室が半分以上見える場合、ビンを少し傾けて羽化時の体液が蛹室内にたまらないように気をつけています。


Re: はじめまして - ピロピッピ 2011/08/16(Tue) 07:48 No.5907
ケンケン様、皆様、おはようございます。
黒子様、かず様お返事ありがとうございます。

確認しましたら、ビン底に直接接しているので、ますます心配ですが、皆様のアドバイスを参考に頑張ります。
ありがとうございました。


ヒグラシ 投稿者:ケンケン 投稿日:2011/08/07(Sun) 20:46 No.5886   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
今日は、オオクワガタの話題ではなく、セミのお話です。
今日、夕方、買い物に出掛けて帰って来ると、
懐かしいセミの鳴き声が聞こえてきました。
私が住んでいる所は、大阪湾からわずか百メートル前後の
埋めて立て地に立ったマンション群です。
最近は、少しアブラゼミの声も聞くものの、
大勢は、あの美しくもやかましい「クマゼミ」です。
京都の大文字山で育った私は、もの悲しい響きの
「ヒグラシ」が一番好きなセミです。
残念ながら、海辺のマンション内で鳴き声を聞けるはずもなく、十年以上をここ貝塚の海辺で過ごしてきたのですが、
何と何と、今日、ヒグラシの鳴き声が聞こえた気がしました。
最初は、耳の錯覚かな???と思ったのですが、
また、今度は数メートルの至近距離(?!)で聞こえました。
私が嬉しくなったのは当然の話です。
一体どこから飛んできたのでしょうか?
思わず、懐かしくて懐かしくて、マンション内のベンチで
蚊に刺されながらも、静かにヒグラシの声に耳を傾けて
至福の時間を過ごしました。
来週末には、故郷の大文字山に登って、
また、至福の時間を過ごしてきたいと思います。

Re: ヒグラシ - 黒子 2011/08/07(Sun) 22:26 No.5887
ケンケン様、皆様
こんばんは。

ヒグラシの鳴き声?



耳鳴りの間違え????????????


Re: ヒグラシ - 2011/08/07(Sun) 22:46 No.5889
ケンケン様、皆様こんばんは。
久しぶりの書き込みです。
私が住んでいるところは静岡県なのですが、近所で聞くセミの鳴き声はアブラゼミかクマゼミです。
この間仕事で標高の高い山間部に行ったのですがそこはヒグラシだけが鳴いている世界でした。
同じセミでも暑さを感じさせる鳴き声ではなく淋しさや涼しさを感じさせる鳴き声でした。
しばらくの間聞き入ってしまい、とても気持ちの落ち着く瞬間を味わえました。


Re: ヒグラシ - ケンケン 2011/08/07(Sun) 23:43 No.5890

黒子さん、私も本当に歳のせいで「耳鳴り???」だと思った程でした(笑)。
でも、本当なんですヨ。
需さん、コメント、有り難うございます。
私も、数年前、お盆過ぎに京都の比叡山に登った時に、
ヒグラシの鳴き声だけが、涼しげに、寂しげに
山と私の心の中に響き渡っていました。
本当に高所にしかいないセミだと思っていたのですが、
先週の日曜日、高2の次女と中3の長男を連れて、
銀閣寺の生家を訪れたのですが、
帰りに、次女がドラマ「ガリレオ」のオープニングに映る
京大の時計台が見たい!!と言ったため、
銀閣寺から、母校の京大まで久しぶりに歩いたのですが、
途中で通り過ぎた「吉田山」の麓で、
アブラゼミの鳴き声に混じって、ヒグラシの鳴き声が
何故か結構たくさん、聞こえていました。
ヒグラシが、高所から低所に降りてきたのでしょうか?

話は変わって、一昨日は同じく次女が神戸大の理学部のオープンキャンパスに行くのについて行きました。
最近は、女子学生にターゲットを絞った説明会もあるようで
国立大学も、独立法人に変わってからは生き残りをかけて大変なようですネ。
私は神戸大学は行くのが初めてでしたので、
六甲山の麓にある高台の神戸大には何か魅力を感じて、ついて行ったのでした。
案の定、大学までは登りがきつく大変でしたが、
私は魅力的な女子大生を横目で見ながら、
京都、大阪では中々、鳴き声の聞けないミンミンゼミの声を
ベンチに座ってずっと聞いていました。
その間、目はどこを見ていたかは定かではありませんが…。

そんなこんなで、今日はヒグラシの鳴き声を聞けた記念に
思わず「むし社」に電話して近刊の「セミ図鑑」を注文してしまいました。
先日、美形コンテストに行った際に目をつけていたのですが
とても魅力的な本(図鑑)です。
何と「CD付き」です。
興味ある方は是非、お買い求め下さい。


Re: ヒグラシ - 黒子 2011/08/08(Mon) 06:22 No.5891
皆様

お早う御座います。

下心見え見えのオープンキャンパスですね。
「六甲山の麓にある高台の神戸大には何か魅力を感じて」・・魅力を感じるのは女子大生




ヒグラシの話題でチョッと盛り上がっていますが、ヒグラシより寂しく鳴くのをしってますか?






ソノヒグラシの人です。先行き不安で、私は先日あるバイトの面接に行きました。そこで同じく面接に来ていた人と帰り一緒に帰りましたが、話を聞いてると、福島で被災にあったのでこちらに来ているとか。職もなく今はこうやってバイトで何とかしているそうです。バイトがない時は友人宅でじーっとしているそうで、何にも言えなくなってしまいました。

かなり寂しい話になりましたが、先日の書き込みに、オオクワ産地が豪雨で・・・・とありましたね。

私は少しの間は人間が山に入らなくなって良いんじゃないかなーと思いました。桧枝岐やその他の産地のオオクワも力強く生きていますよ。


Re: ヒグラシ - 4830 2011/08/11(Thu) 18:19 No.5896
ケンケン様、黒子様、需様、皆様こんばんは、私のところでは、夕方にヒグラシ、ツクツクボウシが鳴いております。40年くらい前には、せみといえばアブラゼミ、時々聞こえるクマゼミの鳴き声にあこがれたものでした。20年ほど前からクマゼミが異常発生し、アブラゼミの鳴き声が少なくなりましたが最近またねアブラゼミがたくさん鳴いております。毎日暑い日が続いていますのでお体を大切にしてください。

Re: ヒグラシ - taka3 2011/08/11(Thu) 22:25 No.5897
ケンケン様、皆様、こんばんは。
ヒグラシやツクツクボウシが鳴き出すと夏休みが終わりに近づくのを感じますが、今年はなんとクマゼミのうるさいことでしょう。朝早くから本当にやかましいです。さすがに夕方はアブラゼミの声しか聞こえませんが、しかし何と日本は暑いのでしょう。先週ネシアから帰ってきて日本の暑さにうんざりの毎日です。
偶然ながら先日、私の高2の長女も神大のオープンキャンパスに行ってました。あの辺は山の上に学校やマンションが建ち並び、景色は良いですが行くのが大変です。子供達の高校も長い長い坂の上にあり保護者会などに行くのにぞっとしますが、嫁は友達とタクシー、私は健康のため歩きで行くことにしています。
まだ、神戸ではツクツクボウシは鳴いていないようです。


お久しぶりです 投稿者:vipcrew 投稿日:2011/08/08(Mon) 20:11 No.5893   
オリンピックの女子マラソン選手選考会以来の書き込みです。

2人目の子供ができ遠ざかっていたオオクワガタ飼育ですが、
会社や地区の子供会、保育園の夏祭りでクワガタを手に喜ぶ子供達を見て、オオクワガタ飼育の再開を決意しました。
来年の会社の夏祭りで、くじ引きの商品にしたい考えています。

ご指導よろしくお願いします。

オオクワガタ新成虫の掘り出し!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2011/07/02(Sat) 20:28 No.5799   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。
今日は久しぶりに、一昨年度から実験的に行なっている「菌糸ビン1本がえし」の個体の掘り出しを行ないました。
産地は、川西、能勢、久留米...。
サイズを計測してケースに入れる前に、産地ごとに、ペアーごとに特大ケースにまとめて♂、♀ごとに個体を入れていきました。

昔、箕面で川口商店様がオオクワガタを販売されていた時、
ケースにまとめてオオクワガタが入れてあったと聞いてはいたのですが、今日はまさにその再現のような光景でした。

♀はスグにマットの中に隠れてしまうのですが、オスはひしめき合うようにケンカもせずにケース内をウロチョロしていました。
今月の23日には、町内会の盆踊り大会が開催されて、その中の模擬店で恒例の「テキヤ」が開催されるのですが、
他のクワガタと同様にオオクワガタもこのような形で地域の皆様にお目にかけようかと思ったほどです。

でも、ゴールド系統のケースは本当に壮観ですネ。
菌糸ビン1本がえしとはいえ、最近の菌糸ビン、いや個体は成育がいいですネ。
♂60mm台後半、♀45mmアップが普通ですから。
→と昨日は書き込みましたが、私の眼の錯覚で、♂70mm、♀48mmが普通で、♀は50mmオーバーが10頭以上混じっていました。
(勿論、菌糸ビンに馴染んでいたゴールド系統のみですが)

菌糸ビン1本がえしの実験は、エノキ・タイプの方がクヌギ・タイプより生存率が良く、平均サイズも上でした。
私が、エノキの最大の特徴の一つに「水分量を極限まで最も減らせる」おが粉と表現したのは、非常に意味があるのですが、お解りでしょうか???

また、ゴールド系統、久留米産、能勢産の特徴も非常に良く解りました。
久留米産、能勢産は、私の信頼する千葉県の業者様から入手したものですから確かだと思いますが、こちらの結果は公表できないです。
やはり、アウトライン(?!)は恐いです!!!
詳細は、また後日。

しかし、800ccの菌糸ビン1本で♂70mm、♀50mmが羽化してくるような時代になるとは、夢にも思いませんでした。
材飼育、マット飼育、そして菌糸ビン飼育を経験してきた私的には、これは「画期的!!」な事だと思うのですが、皆さんはどのようにお考えでしょうか?


Re: オオクワガタ新成虫の掘り出し!! - MY 2011/08/07(Sun) 22:27 No.5888
ケンケンさま 皆さまこんばんわ!
「やはり、アウトライン(?!)は恐いです!!!詳細は、また後日。」
が、ずーっと気になっております(^^ゞ


お願いの件 投稿者:ケンケン 投稿日:2011/08/06(Sat) 11:27 No.5882   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんにちは。

本日は、改まって(?!)、プレゼント・コーナーへご応募いただく方々へのお願い、およびお詫びについてお話しさせていただきます。

プレゼント・コーナー再開後、当選された方々の中に、決まって「証明カード」をご要望される方がおられます。

当初は、私も欲しい気持ちは解りますので、善意で対処していましたが、やはり私自身としては、自分が飼育または羽化させた個体で、原則として管理シールを添付して差し上げている、大切に飼育している個体群です。

その上で、「証明カード」が何故、必要なのか???

要望される度に、私の「個体をプレゼントして歓んでいただきたい!!」という気持ちが萎えてしまいます。

自分も、プレゼントした方々も一緒に元気になって「頑張れ!!日本!!」ではありませんが、共にオオクワガタから生命力・元気をもらって、明日への活力を生み出したいと思っているのですが、時として逆効果にさえなりかねません。

プレゼント応募に際して「証明カードは添付しません」と明記すれば良かったのですが、それは私の常識では、書かなくて良いモノ、といった判断が暗黙の了解でありました。

ひとえに、私の器が小さいために生じた結果ですが、皆さんにアナウンスするのは本来は不本意ですが、今後はご応募の条件として「証明カード」は必要のない方、とさせていただきます。

この言葉は今後は「NG」とさせていただきますので、場合によっては「当選・取り消し」もあり得ますので、どうか私のワガママだと思っていただき、ご了承の上ご応募下さい。

勝手を申しますが、以上、宜しくお願い申し上げます。

Re: お願いの件 - 黒子 2011/08/06(Sat) 20:29 No.5884
ケンケン様、皆様
こんばんは。

ケンケン様のおっしゃる通りと私も思います。

私自身、ケンケン様の個体及び証明カードを持っておりますが、証明カードなどはどこかにしまって今はわかりません。

証明カードよりケンケン様の個体が証明しています。すばらしいオオクワを。

あくまでも証明カードは自己満足であるか、もしくは考えにくいですが、オークションで販売するときのステータス???

私自身は全く証明カードは必要としませんでした。
個体、なにより個体が証明書です。


大体ケンケン様の個体がただで貰えるのですよ。
その上証明カードも付けてくれなんて、

そりゃーあチョッと虫が良すぎませんか?

おぉっ〜〜と、お後がよろしいようで。



PS:ケンケン様も無料プレゼントだからと言って変な個体は送らないと思いますよ。貰った人が、エェーーーーこれが○○ゴールド?何て思われると困りますから、きっと良い個体、自慢の逸品とは言いませんがすばらしいのを送ってくれる事でしょう。私は当選した事がまだありませんが。


お願いの件 - ケンケン 2011/08/07(Sun) 13:03 No.5885

オオクワガタ愛好家の皆様、黒子様、こんにちは。
今回は、オオクワガタ飼育を楽しんでおられれる方々に、たとえ一時的にでも、水を差すような発言をしても良いかどうか、非常に迷った末の書き込みでした。
その点、どうかご容赦下さい。

黒子さん、私の発言で言葉の足りない部分を適切に補っていただき、誠に有り難うございます。
私は、今回の発言につながった方々を決して批判、非難しているいる訳ではないことは、この場をお借りして明言しておきます。
ただ、今一度、私のプレゼントの主旨を、そしてオオクワガタ飼育のスタンスをアナウンスしたいと思いました。

何故なら、ここ暫く、人間関係も含めて辛いと感じる時期が長く続いたオオクワガタ飼育が、とても楽しく感じるようになってきたからです。
オオクワガタ飼育は、純粋に取り組めば、本当に素晴らしい歓びが待ち受けてくれます。
本当に、何物にも代えがたい歓びの一つとなるでしょう。

私事で申し訳ありませんが、ここ1、2年、私自身、オオクワガタ飼育が苦痛であった時期があります。
今年の年明けも、実はそうでした。
「オオクワガタに魅せられて」出版の最終段階に入っても、今の自分が本当にオオクワガタに心底、魅せられているかどうか???
自問自答しながら、次の原稿に手が進まない状況が続いていました。
こんな状況で書いた本は、読者の方々に歓んでもらえないばかりか、失礼だ!!と思うと、なおさら、手が進みませんでした。
前回の「オオクワガタ飼育のすべて」は、執筆している間、自分であって自分でない何かに突き動かされるような形でペンが(ワープロを打つ手が)進みました。
本当に、神がかりの状況で書いた本でした。

今回、このような状況が再現されるかどうかはわかりませんでしたが、少なくとも自分で楽しみながら書いて、自分で振り返って読んでも楽しい読み物にしたいと思っていました。それが、苦しい「慟哭(?!)」の中で書き進めていたのですから、趣旨に合った作品(?)が出来上がるはずがありませんでした。

ところが、捨てる神あれば救う神あり。
暖かく見守ってくれる人たち、そして虫たちに接している間に、本来の私が自然と復活してきました。

親バカですが、自分が育てたオオクワガタ、そしてオオクワガタを絆として結ばれた不思議なご縁の人たちの笑顔の輪を見ていると、本当に純粋にオオクワガタと向き合うことができるようになりました。

素晴らしい形状の国産オオクワガタ、そして個性溢れる中国ホペイ。
昨年度は、諸事情により繁殖させなかった中国ホペイですが、菌糸ビン代の財政難(?!)を撥ね退けてでも繁殖させたい系統が最低でも20系統、見つかりました。
菌糸ビン1本がえしで、系統をつないだだけの小型の個体ですが、次世代は一体、どのようなカッコイイ形状の個体がうかしてくるのだろうか?と思っただけで、ワクワク・ドキドキしてきました。
もう、私の気持ちを止めることは出来なくなっていました。

今は、睡眠時間を削りに削っても、飼育が楽しくて楽しくて仕方がありません。
再び中国ホペイの飼育に手を出した私は、歓喜の極み、情熱の嵐です。
つい最近まで「俺はもう枯れた人間だな…」と思っていたのがウソのように、この歳になっても熱い気持ちが蘇ってきました。
やっと、このような状況に私も帰って来ることができました。
やっと、「オオクワガタに魅せられて」の最終章が書ける状況になりました。

この歓びを皆さんにお伝えする意味でも、国産でもホペイでも、「証明書」なんて関係ありません。
本当に、その個体が全てを物語ってくれています。
この飼育の歓びを、そして羽化した個体を観賞する歓びを少しでも多くの皆さんにお伝えしたいと思っています。

今後とも、宜しくお願い致します。

P.S.
この溢れ出る情熱が、あらぬ方向に飛び火(?!)しないよう、自制しないといけないと思う今日この頃です。
心は復活しても、肉体は衰えているので、その心配はないと思うのですが、人格のない○半身ですので…。
失礼しました。                           


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -