2271059
オオクワガタに魅せられて
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

ゴールド系統新成虫バーゲン予告!!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2021/08/01(Sun) 23:18 No.13385   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

そろそろ、今年の新成虫の第一弾が固まって来ましたので、Sクラスを筆頭にお盆を目処にオークションに出品予定です。

乞うご期待ください。

やりましたよ 投稿者:真吾@明石 投稿日:2021/07/26(Mon) 21:53 No.13383   
ケンケン様
GG85SP秘蔵血統ペアの子供で84.6mmが出ました
ケンケン様の宿題?課題?の85mmまでもうすこしです

Re: やりましたよ - ケンケン 2021/08/01(Sun) 23:02 No.13384

真吾さん、オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

超大型個体の羽化、おめでとうございます!

ゴールド系統で、このサイズの羽化は本当に珍しく、また、迫力満点の個体だと思います。

我が家での今年の羽化個体で、完品の85ミリオーバーは未だ2頭のみで、昨年の87ミリクラスは未だ羽化していません。

数年前、幼虫で40グラムオーバーが20頭前後、出現した時は、私も久々に心がトキめいたのですが、結局、1頭も完品で羽化しなくて、心は奈落の底?!でした。

この時から、幼虫で40グラムオーバーを見るのが怖くなったのですが、30グラム台後半から87ミリが羽化してきて、やっと何か吹っ切れたモノがありました。

今年は、まだ38.6グラムを筆頭に数頭、超大型個体が未だ幼虫〜前蛹で控えていますが、何とか無事に羽化してほしいと願っています。



原点 投稿者:やっちゃん 投稿日:2021/07/13(Tue) 17:56 No.13377   
ケンケン様、皆様、こんにちは。

私が過去に、頻繁にこの掲示板に投稿していた頃の話。

自分の投稿が掲示板に載ることが嬉しく、
その内に、画像を入れたくなる。

でもその方法が分からなく、最初は諦めていましたが、段々と、どうしても画像を入れたくなってくる。

自分で勉強して、四苦八苦しながら、

デジカメで撮った画像を、ケーブルでパソコンに取り込み、そこから引っ張り出して、投稿に添付できるようになる。

自分なりの「拘り」は、兎に角、画像を入れる。これでした!!

その内に、どんどんエスカレートし、自分のHPか、ブログを開設したいと、思うようになってくる。

でも、私にとっては、かなり困難なことと思っていましたが、

ずーっとその思いは消えず、
現在、無料ブログですが、開設することもできました。

月に、8.000前後から、多い時で10.000アクセスを超えることもありました。

良いことも悪いことも、ずっと強く思い続ければ、そうなってしまう。

私は、「願望達成能力」とか、「思うは招く」という言葉が大好きです。

他にも、
そんなことを考えても無駄。100%無理!!と思うようなことも、

只管、楽しく思い続け、ある日、キッカケが来て、その時は突っ走り、願いが叶ったこともあります。

今でも、「夢」の続きかと思うくらいです。

このHPの、この掲示板は、
私の「原点」なのです。

過去の記事が、ブログに残っていたので、再度投稿させて下さい。

私は夏が好きです。

小さい頃… 私は、どこにでもいる昆虫が大好きな子供でした。

網を持って近所を走り回っていました。でも田舎ではなかったので、そんなに採りたい昆虫というのは採れなかったです…。

採りたかった昆虫… カブト・クワガタ・ゲンゴロウ・タガメ・タイコウチ… 
大体そんな感じでしょうか。
後、アオスジアゲハも好きで、神社とかよく行って採ってました。きれいな蝶です。

小さな子供が、自分で歩いていける範囲では限界もありました。

父に『お父ちゃん、カブトムシ採りに連れてって〜!』と何度言ったことでしょう。
父は連れていってくれませんでした。住んでいる所は、父が生まれ育った土地ではない所だったので、そういう知識が無かったのでしょうか…。

父も子供の頃は、カブトをよく採ったとは聞いていました。
でもセミは何度も採りに連れて行ってくれました。
自転車の荷台に立って乗って… 今でもその光景は覚えています。専用の網まで作ってくれて…楽しかった〜。 その父も、○○他界しました。

自分では採れないので、母親にカブトムシを買ってとねだるしかありませんでした。
夏休みになると当時の言い方で、デパート…百貨店…に連れて行ってもらって…。
売り場の階に来ると、走ってその売り場に。
元気そうなカブトを選び、大事に持って帰り、ひと夏、十分可愛がりました。
カブトからクワガタに興味が移り、ノコギリクワガタを飼うようになりました。ミヤマもたまに売っていましたが、売っていたのはノコギリの方が多かったです。とにかくカッコいい。あの湾曲した顎がたまらなくカッコよく思いました。夏が終わり、飼育していたクワガタが死んでしまうと、何か寂しい思いがありました…。

小学校高学年になると、あれだけ好きだったカブトやクワガタに興味が無くなり、飼おうという気がまったくしなくなりました。
だんだんと大人に近づいているのかな?と思ったり…。
その後、大人になり、結婚し、子供ができ、二人の子供も喋るようになり、ひと段落した後でしょうか、ある初夏の暑い夜… 何か体の奥からこみ上げてくるものがありました。 

『俺は子供の頃にカブトムシを採っていない!クワガタを採っていない!』その感情を抑えきれず、
クワガタ採りに行ったのです。
その夜、コクワの♀が採れました。樹液採集ではなくて、灯火採集でした。その日から採集がやめられなくなり、採ってきたクワガタやカブトを子供の頃のように飼うようになりました。当初は、夏になれば採れるのでブリードまでは考えず、夏の成虫飼育のみでした。オオクワガタも飼いたかったのですが、採集もあきらめていたし、買うにしても手が出ない程の価格でした。

そうしてるうちに、価格も下がってきて、フリーマーケットにも出品されるようになり、オオクワガタの購入から、ブリードするようになっていきました。

子供の頃も、
いっぱい採集に行っていた頃も懐かしい…。

お久しぶりです。 投稿者:やっちゃん 投稿日:2021/06/21(Mon) 21:22 No.13358   
ケンケン様、皆様、かなりお久しぶりです。

古くは、森田ゴールド74系統、森田ゴールド82系統、C73、各系統の累代飼育個体を飼育しておりましたが、現在は、私の飼育が不十分だったのか、絶えてしまい、申し訳なく思っています。

しかし、私は、オオクワガタの飼育をやめたわけではなく、現在も細々と続けております。

飼育歴は、もう何年になるのか分からないくらいになります。

最近、なるべく自然に近い形で鑑賞したく思い、アクアリウム風のセットを作ってしまいました。

この家で産まれ、この家で孵化し、幼虫時期を経て、蛹から羽化へ。

洞の中にいるオオクワガタは、自然の中にいると思っているのでしょうか!?


Re: お久しぶりです。 - ケンケン 2021/06/24(Thu) 11:03 No.13366

ご無沙汰しております。

お元気そうで、何よりです。

アクアリウム風のセットでのオオクワガタ飼育、いいですネ。

私も、友人に人工的な樹洞を作ってもらい、5つ程、今でも虫部屋のラックに飾って?います。

前にも書いたことがありますが、私は30年以上前、オオクワガタ熱が再燃した頃は、新婚で3DKの二人暮らしの6畳の和室の畳の上に60センチ水槽を10個以上も並べて、その中にオス1頭ずつを入れて飼育していました。

繁殖させる気もなく、術も知らずに、ただ自然に近い?状態のオオクワガタのオスの動きを見たくて、深夜、懐中電灯を片手に夜な夜な観察に通って?いた記憶かわ甦ってきました。

それにしても、自然の中でのオオクワガタの動きは俊敏です!

私は基本的に、穴の中に潜んでいるオオクワガタを取り出す技術は持ち合わせていませんが、川西の最後のオオクワガタ採集の楽園を経験した1990年前後の数年間は、夜間の樹液採集が主でした。

ライトを照らした時の、あの驚いて、もんどりうった仕草と巣穴に逃げ帰る俊敏な動きは、未だに忘れられません。

メスも、大抵は、夜間に樹液を吸っている静止した状態を多数、見かけましたが、台場クヌギの樹皮を俊敏に歩き回っている姿も何度か見かけています。

小型オスは、発生初期の6月上旬から中旬には、昼間は尾根付近の台場クヌギの台の上に登って樹皮めくれを見ると、あちこちに隠れていました。

また、この時期に夜に尾根に登ると、8時過ぎから時々、羽音がして、台場クヌギの音が止まった箇所を照らすと50ミリ足らずの小型個体が止まっていた光景を何度も観察しました。

私は、本当にラッキーなことに、このような、自然の中でのオオクワガタの自然な姿を、わずか数年間だけですが、観察する機会がありました。

今から思うと夢のような時間ですが、また、あの頃に戻ってみたいな、と思う瞬間がいくつかあります。

ホントは、このような自然が、いつまでも、いつまでも、残っていて欲しかったと、思い続けながら、日々、過ごしています。

飼育しているオオクワガタも勿論、その姿形はヒトに感動を与えるには充分過ぎる魅力を備えていますが、やはり、自然の中でのオオクワガタの動き、存在そのもの、そして、何より、オオクワガタが生息する自然環境そのものが、今の私にとっては一番、大切なモノ?だったような気がします。

そんな記憶を慈しみながら、日々、飼育に専念して、週末には昔を懐かしみながら、採集に出掛ける今日この頃です。


感謝祭大バーゲンオークション開催!!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2021/06/23(Wed) 16:02 No.13365   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんにちは。

本日より、週末の日曜日の夜、終了で、全て3000円スタートで、成虫、幼虫、各20、オークションに出品しました。

通常の10分の1の価格スタートの個体も複数あります。

皆様、是非、お立ち寄りくださいネ。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -