2040776
オオクワガタに魅せられて
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

暑いですね。 投稿者:ちなみ 投稿日:2010/07/20(Tue) 10:07 No.4999   

ケンケンさま、みなさま、こんにちは。

暑い日が続いております。また、虫の世話も年で最も忙しい時期ですね。
虫だけでなく、我が家の超巨大2齢♂、気難しい2齢♀も、
それ発熱だ、夏休みだプールだと目の回る忙しさです。
いっそ菌糸ビンに放り込めたら楽なのに(?)と思うこともしばしばです。
皆様のご家庭ではいかがでしょうか?

また、Black Out はいかがだったのでしょうか?
私は関東なので、関西のそれはよく分かりませんが・・・

「飼育者の成熟」とおっしゃった方がおられましたが、
ブームが去って、やめる人もいれば、
自身の興味が自然と絞り込まれたような方も多いと思います。
また、哺乳類と違い、産卵・飼育方法が確立すれば、
簡単に大量の個体が得られますし、
買わなくてもお互いの個体を交換するなどのやりとりも多く目にいたします。

インターネット等の情報交換手段の影響が多大にあると思います。
加えて飼育用品も安価になり、安くたくさんの数を楽しく飼育することが可能となった今、
小島さんおっしゃるところの、オオクワ以外も含めた「スズムシ化プロジェクト」
が進んでいる印象を受けています。
虫を生業としておられる方には大変かもしれないですが、
幾多の産業の例にもれず、成長・淘汰・成熟の道を歩んでいるのかも知れませんね。
次の段階は「成熟」です。果たしてどうなるのでしょうか。

明日は京都に出没(?!)の予定です。 投稿者:ケンケン 投稿日:2010/07/17(Sat) 23:46 No.4994   
オオクワガタ愛好家の皆さん、こんばんは。
いよいよ待ちに待った梅雨明けですネ。
子ども達は夏休み。
今日は、京都では「祇園祭」の巡行でしたネ。
いよいよ夏も本番。
次は大阪の天神祭ですネ。
京都は8月16日の「大文字の送り火」までの1ヶ月が夏です。
長いようで短い真夏の季節です。
今年は、何十年ぶりに大文字山に登って来ようかと思っています。

さて、明日、京都では「ブラック・アウト」が岡崎の「都メッセ(?)」で開催される予定です。
私は、お忍び(?)で行って来ようかと思っています。
久々の京都の夏。
ゆっくりと息子と楽しんできたいと思っています。

ケンケンさん教えてください 投稿者:クワ男 投稿日:2010/07/16(Fri) 23:32 No.4992   
プラチナ73系統ですが 蛹になりました。幼虫の最大26gでした。成虫だと何センチになりますか。あと蛹室が狭く感じます そのままで良いですか。

幼い頃の思い出 投稿者:RB3234 投稿日:2010/07/06(Tue) 19:21 No.4966   
ケンケン様、皆様、こんばんは。
本格的な夏も、もうすぐですね。やっぱり、私は夏が好きです。
小さい頃… 私は、どこにでもいる昆虫が大好きな子供でした。網を持って近所を走り回っていました。でも大きな工場のそばで育ったので、そんなに採りたい昆虫というのは採れなかったです…。
採りたかった昆虫… カブト・クワガタ・ゲンゴロウ・タガメ・タイコウチ… 大体そんな感じでしょうか。
後、アオスジアゲハも好きで、神社とかよく行って採ってました。きれいな蝶です。
小さな子供が、自分で歩いていける範囲では限界もありました。父に『お父ちゃん、カブトムシ採りに連れてって〜!』と何度言ったことでしょう。父は連れていってくれませんでした。住んでいる所は、父が生まれ育った土地ではない所だったので、そういう知識が無かったのでしょうか…。父も子供の頃は、カブトをよく採ったとは聞いていました。
でもセミは何度も採りに連れていってくれました。自転車の荷台に立って乗って… 今でもその光景は覚えています。専用の網まで作ってくれて…楽しかった〜。 その父も、昨年他界しました。
自分では採れないので、母親にカブトムシを買ってとねだるしかありませんでした。夏休みになるとデパートに連れて行ってもらって…。売り場の階に来ると、走ってその売り場に。元気そうなカブトを選び、大事に持って帰り、ひと夏、十分可愛がりました。
カブトからクワガタに興味が移り、ノコギリクワガタを飼うようになりました。ミヤマもたまに売っていましたが、売っていたのはノコギリの方が多かったです。とにかくカッコいい。あの湾曲した顎がたまらなくカッコよく思いました。夏が終わり、飼育していたクワガタが死んでしまうと、何か寂しい思いがありました…。
小学校高学年になると、あれだけ好きだったカブトやクワガタに興味が無くなり、飼おうという気がまったくしなくなりました。だんだんと大人に近づいているのかな?と思ったり…。中学校、高校、大学、社会人と…全然そんな気がおこりませんでした。
結婚し、子供ができ、二人の子供も喋るようになり、ひと段落した後でしょうか、ある初夏の暑い夜… 何か体の奥からこみ上げてくるものがありました。 『俺は子供の頃にカブトムシを採っていない!クワガタを採っていない!』その感情を抑えきれず、急に嫁に『クワガタ採りに行くぞ〜!』と言い出したのです。
その夜、コクワの♀が採れました。樹液採集ではなくて、灯火採集でした。その日から採集がやめられなくなり、採ってきたクワガタやカブトを子供の頃のように飼うようになりました。当初は、夏になれば採れるのでブリードまでは考えず、夏の成虫飼育のみでした。オオクワガタも飼いたかったのですが、採集もあきらめていたし、買うにしても手が出ない程の価格でした。
そうしてるうちに、価格も下がってきて、フリーマーケットにも出品されるようになり、オオクワガタの購入から、ブリードするようになっていきました。
嫁や娘に、笑いながらですが、よく言われます。『もういっぱいやった(飼育・ブリード)やろ〜?』と。
やったけど、やめられない!
自分に、もしものことがあったらこれらの個体はどうなるのか…。全部★になります。息子は、クワガタには興味がありません。この人間なら、まかせても大丈夫というクワ友も見つけています。
子供の頃も、いっぱい採集に行っていた頃も懐かしい…。




Re: 幼い頃の思い出 - ケーイチ 2010/07/07(Wed) 10:08 No.4967
ケンケン様 皆様 こんにちは

RB3234様、投稿を拝見致しまして色々と思いだしておりました。
私も幼い頃は灯火採集が中心で両親が忙しいこともあり祖母に連れられて夏の晴れた日の夜は必ず出かけておりました。
幼い日の採集ルートを辿っても今は何も見つけられず、思い出まで悲しくなりとても残念です
その後はRB3234様と同じような経緯をたどり今現在も理解ある?家族に囲まれて飼育しております。
間もなくビークワ最新号が発売されますが、前回のノコギリ特集の記事を読んで今年は地元ノコギリペアをなんとか
採集し、出来れば累代してみたいと思っています。

有効なノコギリの採集方法はバナナトラップでしょうか?


Re: 幼い頃の思い出 - RB3234 2010/07/07(Wed) 22:45 No.4971
ケンケン様、ケーイチ様、皆様、こんばんは。
ケーイチ様は、幼い頃に、灯火採集であっても、経験をされておられるのが、羨ましいです。
私も、今期は地元ノコギリをブリードしてみたい気分です。でも、ノコギリよりミヤマの方が数が多いんですよね。
私は、灯火採集の方が多いですね。
木がらみでは、ヒラタ専門なので。



Re: 幼い頃の思い出 - ケンケン 2010/07/08(Thu) 00:57 No.4972
RB3234様、ケーイチ様、愛好家の皆様、こんばんは。
お久しぶりです。
いよいよ、採集の季節ですネ。
私も、今年は能勢に2回、地元の貝塚の山手には10回ほど、採集に通っています。

成果は、ノコギリ、ミヤマ、コ、スジ、ヒラタで、残念ながらオオクワガタは発見すらできていません。
つい、数時間前に平山氏から写メールがとどき、50mm前後のオオクワガタを採集したそうです。
羨ましい限りです。
でも、幼い頃のクワガタ採集を経験した方は、幾つになっても皆、このような共通の想い出を大切に持っておられるのですネ。
私も、死ぬ直前に、走馬灯のように過去の記憶が蘇る中で、きっと、自分自身の手で初めて採集したミヤマの♀の想い出は、ひときわ強い光を放つことでしょう。
それほど、幼い日のクワガタ採集は私の記憶の中で強烈なインパクトを持っています。
また、皆さんのお話を聞かせて下さい。
お待ちしています。


Re: 幼い頃の思い出 - RB3234 2010/07/08(Thu) 21:51 No.4975
ケンケン様、返信ありがとうございます。
 そして、皆様、こんばんは。
私も、もっと採集に行きたくて仕方ないのですが、なかなか時間がありません…。
オオクワ… 採りたいですね。いつかは! そして発狂しながら皆様に報告できたらいいと思います。
幼い頃に、クワガタを採っていないという【空白】は、今後も、手足が動かなくなるまで、毎年、採集に行っても、埋まるものではないです。私にとっては、それくらい大きなことなのです。
嫁や、娘にわかってもらえなくても、ケンケン様や、皆様にわかってもらえたらそれでいいのです。
(^_-)-☆


Re: 幼い頃の思い出 - Kiyo 2010/07/15(Thu) 22:49 No.4989
ケンケン様、皆様こんばんは!

1月に眼の手術をいたしましてPCから遠ざかっておりました(^^;
小学生のころペットショップでミヤマを見て一目ぼれしました。
当時2000円だったのを覚えております。
小学生で2000円と言えば大金です。
一生懸命お小遣いを貯めて、ついに手に入れました。
嬉しくてプラケースを飽きもせずに一日中眺めていました。
当時はオオクワよりやっぱりミヤマでしたね。
でも当然ながら一週間もしないうちに☆になってしまいました。
その時のショックは今でも忘れられません・・・
切なかったですね。


Re: 幼い頃の思い出 - ちなみ 2010/07/16(Fri) 21:29 No.4991

ケンケンさま、みなさま、こんばんは!

少し間があいてしまいました。

虫を子どものとき以来再開し、驚いたのがミヤマの人気の高さです。
私の田舎では、ミヤマはさほど珍しくなく、むしろ水牛ノコの方が人気がありました。
ちなみに、岐阜の飛騨地方、標高は500mほどです。
寒冷な気候が影響していると思います。

子どもの頃の夏休みはほぼ毎日採集に行きましたね。
何本かある、いわゆるご神木に毎日通い、ノコやミヤマがターゲットでした。
コクワ、アカアシだとがっかりした記憶があります。

あと、たまにいるスズメバチやゴキブリにおびえた記憶もありますね(笑)。

土地の子どもなので、よく採集記で見かける長袖長ズボン、長靴などというスタイルでなく、
短パン、ランニングシャツ、はだしにゴムぞうりという恐ろしいスタイルでした(笑)。
でも、怪我等全然しなかったのは、やはり丈夫だったからでしょう。

あと、夜間の運動場の照明に向かってくる昆虫をよく取りにいきましたね。
超大掛かりな灯火採集でした。
グラウンドを1周すると虫かごが一杯になりました(笑)。

しかし、あれだけ取ったのにオオクワガタはゼロ・・・
これが私のオオクワ飼育の原点に相違ありません。


無題 投稿者:マサマサ 投稿日:2010/07/08(Thu) 23:51 No.4976   
ケンケン様、RB3234様、皆様、こんばんは。
みんな同じ様な思い出なんですね・・・。

幼い頃、大きなガラス水槽の中に、如何にたくさんのクワガタを飼育しているかが自慢でした。
マットは、近所の大工さんにもらった針葉樹林のオガ粉で、餌はリンゴでした。当時は今のようなゼリーなんかなかったですから。

オオクワガタだけは図鑑の虫でした。桜の木の洞に棲むと書かれていたため、山に行けば桜の木ばかりみていました(笑)

30年ぐらい前に、オオクワガタの正しい情報,知識があればそのガラス水槽に1頭ぐらいは入っていたかもしれません(笑)

小学5年の頃(32年前)、友達が持っていた八幡山で採れたオオクワガタは、図鑑で毎日のように見ていたオオクワガタより大きく太かったですよ。

Re: 無題 - ケーイチ 2010/07/09(Fri) 12:54 No.4977
ケンケン様、マサマサ様、皆様こんにちは

今年も晴れた夜は外灯周りをし、もう20日間ぐらいは出かけたでしょうか、今シーズンの収穫はコクワ1ペアのみ…。

昨晩7月8日も息子と出撃。収穫もなく帰る途中、道路脇のコナラの幹から樹液のような黒い染みを発見、5メートルぐらいまで近づいてみると黒光りする大きなメスが!!
まさか!もしやオオクワ?とパニック状態で近づこうとするとその樹は以外にもかなり斜面の上にあり一度目のトライでは斜面から転げ落ち二度目でようやくゲット!
急いで車に戻り確認すると…ミヤマでした…。

息子はきっと父親が斜面を転がり落ちる姿を生涯忘れないことでしょう(涙)


Re: 無題 - RB3234 2010/07/09(Fri) 20:53 No.4979
ケンケン様、マサマサ様、皆様、こんばんは。
図鑑、見てましたね〜。昆虫の図鑑だけが、剥げていましたね。
ノコギリや、ミヤマは、実際に目で見ているわけですが、ヒラタや、オオクワは、図鑑でしか見たことがなかったので、こんなクワガタがいるんやな〜っていう感じで見ていました。
私が、ノコギリや、ミヤマより、ヒラタに拘るのは、そういった点なんでしょう。
ヒラタの上が、オオクワです。
ケーイチ様、私も、斜面から転げ落ちていますよ。
少々の雨なら決行しますので、落ち葉がすべって、すべって…
今も、足が痛いです。誰も見られていなくてよかった〜〜。




[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -